製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製品・技術

「極低摩擦測定装置」 極低荷重における極低摩擦係数が計測可能!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
自動車試験装置 資料ダウンロード  /  自動車 産業機械機器 試験・分析・測定

極低摩擦測定装置

極低摩擦測定装置のコンセプトは「極低荷重における極低摩擦係数が計測可能な試験機です。

測定対象にかかる面圧を小さく制御し、表面への影響を最小限に抑制しています。

摩擦力センサは0.1μN の分解能を備え、微少荷重時の外乱(振動、熱、試験雰囲気、取付、変形等)抑制対策も万全です。

極低摩擦測定装置 センサヘッド部拡大 

< 測定内容 >

  • フリクション力(摩擦係数)評価(分布)

 

< 測定方法 >

  • 極低面圧領域での荷重計測を可能にするため、特殊なバネ構造を用いた、高感度な摩擦力センサと微少荷重計測を行う鉛直荷重センサを採用しています。試験形状はピンオンディスクタイプで、ピン先端形状を球面とします。
  • 荷重計測・制御:
    鉛直軸に設置した高精度の静電容量型変位センサを用いて変位ー荷重変換計測します。また、鉛直軸はピエゾアクチュエータにより荷重制御を行い、鉛直荷重を一定に制御しています。
  • 摩擦力計測:
    水平軸に設置した高精度の静電容量型変位センサを用いて変位ー荷重変換計測します。

 

▼ 極低摩擦測定装置の仕様や測定機能などの詳細は資料をご覧ください ▼
  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術 自動車試験装置
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
産業機械.com
製品・受託試験紹介サイト
ページカテゴリ一覧
新着ページ
サイト内検索
月別ページ