製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製品・技術

爆発限界測定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
爆発試験 危険性評価試験  /  医療・バイオ 食品・機械 化学・樹脂

 引火性の高い有機物を取り扱う場合、試料表面には気化した有機溶媒と空気との混合気体が形成されます。空気との混合比が爆発範囲に入っている場合は、着火源により爆発を起こす危険性があります。

 爆発する下限界濃度が低い物質や、爆発範囲が広い物質の場合は、取り扱いに際して注意が必要と言えます。

 

 弊社では液体サンプル・気体サンプルの爆発限界測定(上限・下限)を測定することが可能です。

 また、酸素濃度を変更し限界酸素濃度測定することも可能です。

 

 これらの試験につきまして、ご依頼・ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術 危険性評価試験
  • イベント
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
エコ&エネルギーポータル
試験・分析.com