製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
英和株式会社
製品・技術

操作簡単 油中微粒子計数機 LCM20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
インテクノス・ジャパン 環境測定・分析機器 機械・装置 造船 鉄鋼  / 2011年09月15日 /  自動車 産業機械機器 試験・分析・測定

油中微粒子計数機 LCM20

 

 

油圧機器故障の80%、軸受け摩耗の82%コンタミが原因!

 

 

 

潤滑油・作動油用のパーティクルカウンタで管理する。

油圧・潤滑システムを採用している機械・装置で、それを構成するポンプ・モータ・バルブなどが飛躍的に高圧/高性能/高効率化され、制御系統にも電子・油圧が利用されるようになりました。結果として、油汚染(コンタミネーションまたはコンタミ)に対してより過敏になり、開発・生産・出荷検査・フィールド・メンテナンスにおいて、その管理技術が重要視されています。

■ 特長

・操作性
なんと言ってもLCM20の最大の特長は操作性の良さです。
海外製のパーティクルカウンタで日本仕様にあわせていないモデルが多く、測定者は英語の初期設定をし、英語のインストラクションを読み、操作をしなければならないことがあります。

LCM20の場合はサンプリングポイントに接続してスイッチを回すだけで、わずか2分後に正確な測定値が得られます。
     

 

・潤滑油・作動油用検査機材としての専用性
LCM20は、ISO/NAS/AS4059 国際規格に対応しており、測定後にスイッチ変換によってそれぞれの規格による汚染度コードならびに粒子サイズごとの個数を表示できます。

・オ-トテスト(連続自動測定)機能
300テストまで連続自動測定ができます。測定間隔はハンドヘルドで6~999分まで自由に設定することができます。またPCから専用制御ソフトウェア(オプション)を使用し制御することも可能です。

■ 使用例

・出荷検査
部品の高性能化で洗浄管理の要求がよりシビアに、オイルや燃料を使用する全ての機械製品は、その品質を維持するために、製造段階での部品洗浄評価、テストスタンドでのフラッシングが適切でなければなりません。

・様々な使用法
オイルを使用したすべてのシステムや装置に使用できるが代表的な応用として次の分野で活用されています。

◆ 宇宙・航空機・防衛機器分野の作動油のフラッシング判定

◆ 原子力・火力・水力・風力発電所の発電所内潤滑油のフラッシング判定や通常監視など

◆ 建設機械・特殊車両分野の車両出荷時油圧・パワートレイン系統油の検査、

コンタミ測定サービスなど

◆ 自動車・自動車部品の初充填A T F ・CVTFの全数検査、工場内設備機器の清浄度監視など

◆ 油圧機器分野のシリンダやポンプ・バルブテストスタンドでのオンライン出荷測定など

 

             

 

 

 

    ※ 「油中微粒子計数機 LCM20」へのご質問など、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

  • HOME
  • 製品・技術
  • イベント
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
産業機械.com