製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
英和株式会社
製品・技術

小野測器社 どこでもスグに非接触検出 レーザ面内速度計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
無負荷・非接触で速度計測が可能 小野測器 レーザー  / 2017年08月04日 /  化学・樹脂 繊維・紙・パルプ 先端技術

レーザ面内速度計 LV-7000シリーズ 


 
レーザーを使った非接触速度計とは?

 

 接触式では測りにくかった対象物の速度・速度ムラ、移動距離が手軽に計測可能となります。高感度で操作も簡単。

             

 

 

LV-7000シリーズの特徴

 

レーザー安全クラス2に適合で高感度検出

・レーザ保護メガネ着用、レーザ保護区域等の規制・管理者が不要。

・検出部位が明確に確認できるので位置決めが簡単。

 

無負荷・非接触で計測が可能

・レーザスポットが小さく、ワイヤーや糸、狭い部位の計測が可能。

・レーザ光による検出なので、スリップや摩擦が生じません。

・接触式では困難な垂直走行・マイナス勾配走行箇所の速度、長さの計測が可能。

 

シンプル操作で高機能

・800 m/s2 の高速応答。ゼロ速からの急峻な起動・停止も検出できます。

・大型の操作ボタンにより、スピーディな操作が可能。 ・アナログ、ディジタル、位相差出力を装備。用途に応じて選択可能。

 

LV-7000シリーズの用途例 

 

速度・速度ムラの計測

紙、フィルム、織布、ベルト、プーリー等の速度・速度ムラの測定。 シリンダ、アクチュエータの伸縮速度測定。

 

搬送滑り測定

印刷機、コピー機、紙、フィルム、織布、樹脂、コンベア等の搬送時の滑り測定。

 

巻き取りの長さ計測

糸、ワイヤー、電線、テープ等の長さ測定。 シリンダ、アクチュエータの動作距離測定。

 

■ 小野測器 レーザ面内速度計 LV-7000シリーズのご紹介

レーザ面内速度計 LV-7000シリーズを動画でご紹介

 

レーザ面内速度計 LV-7000シリーズを使ったお客様の声

 

・接触式では精度の高い測定が出来なかったが、対象物のリアルな挙動が観察できた。
・難しかったプーリーとベルトの滑りのデータが取れた。
・巻き取り長さを高精度で管理できるようになり、材料費が大幅にコストダウンできた。
・レーザー保護メガネや管理区域内での使用にこだわらなくてよいので、色々な現場で試すことが出来た。
・安全規格上、取り扱いやすいクラスなのに感度が高くて使いやすかった。

 

         

 

レーザ面内速度計 LV-7000シリーズについてのお問い合わせはこちら

 

レーザ面内速度計 LV-7000シリーズの仕様の詳細はカタログでご確認いただけます。デモ機に関して、本製品についてのご質問などお気軽にご相談ください。

英和株式会社 営業推進部 清水 tel 03-3493-3553

 

製品概要 【速度・速度ムラの計測】
紙、フィルム、織布、ベルト、プーリー等の速度・速度ムラの測定。
シリンダ、アクチュエータの伸縮速度測定。

【搬送滑り測定】
印刷機、コピー機、紙、フィルム、織布、樹脂、コンベア等の搬送時の滑り測定。

【巻き取りの長さ計測】
糸、ワイヤー、電線、テープ等の長さ測定。
シリンダ、アクチュエータの動作距離測定。
特徴 【レーザー安全クラス2に適合で高感度検出】
・レーザ保護メガネ着用、レーザ保護区域等の規制・管理者が不要。
・検出部位が明確に確認できるので位置決めが簡単。

【無負荷・非接触で計測が可能】
・レーザスポットが小さく、ワイヤーや糸、狭い部位の計測が可能。
・レーザ光による検出なので、スリップや摩擦が生じません。
・接触式では困難な垂直走行・マイナス勾配走行箇所の速度、長さの計測が可能。

【シンプル操作で高機能】
・800 m/s2 の高速応答。ゼロ速からの急峻な起動・停止も検出できます。
・大型の操作ボタンにより、スピーディな操作が可能。 ・アナログ、ディジタル、位相差出力を装備。用途に応じて選択可能。
製品名・型番等
シリーズ名
レーザ面内速度計 LV-7000シリーズ
価格 \3,200,000-~
納期 約1ヵ月
メンテナンス体制 日本国内での製造・販売なので、迅速な対応が可能です
  • HOME
  • 製品・技術
  • イベント
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
産業機械.com