製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【セミナー 4/4】リチウムイオン電池用セパレータの耐熱性向上と性能評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2018年02月13日 /  エネルギー 自動車 試験・分析・測定
イベント名 リチウムイオン電池用セパレータの耐熱性向上と性能評価
開催期間 2018年04月04日(水)
10:30~16:00
会場名 [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
会場の住所 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
地図 http://www.gijutu.co.jp/mailmap/company_map.htm
お申し込み期限日 2018年04月03日(火)16時
お申し込み

 

<セミナー No.804216>

 

リチウムイオン電池用セパレータの

耐熱性向上と性能評価

 

★ 電池の性能や安全性にセパレータがどう影響するか?

    コーティング技術による耐熱性や耐電圧性の事例を解説!

----------------------------------------------------------------------------------

■講師

【第1部】ATTACCATO(同) 代表 兼 (国研) 産業技術総合研究所

        電池技術研究部門 電池システム研究グループ 向井 孝志 氏

【第2部】帝人株式会社 機能材料開発室 帝人グループ技術主幹

       機能材料開発室長 西川 聡 氏

【第3部】信州大学 国際ファイバー工学研究所 RISING STAR Prof. 金 翼水 氏

 

■聴講料

1名につき55,000円(消費税抜き、資料付き)

1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき50,000円(税抜)

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。

 

 

プログラム                                                                                   

【10:30-12:00】

【第1部】リチウムイオン電池の高性能化とセパレータのメルトダウン等による熱暴走、発火の関係

 

ATTACCATO(同) 代表 兼 (国研) 産業技術総合研究所

  電池技術研究部門 電池システム研究グループ 向井 孝志 氏

 

1. リチウムイオン電池の動向と多様化

 

2. 暴走メカニズムと耐熱性セパレータの開発

 

3. セラミックコートによる電池特性と安全性

 

4. 各種セパレータと電極が及ぼす安全性

 

5. 電解液の影響

 

6. シリコン系負極とセパレータ

 

7. 不織布系セパレータ

 

8.次世代電池開発のイノベーション

 

【質疑応答】

----------------------------------------------------------------------------------

【12:50-14:20】

【第2部】ポリオレフィン微多孔膜への機能性コーティング技術

 

 帝人株式会社 機能材料開発室 帝人グループ技術主幹 機能材料開発 室長 西川 聡 氏

 

1. リチウムイオン電池とその電池セパレータの概要

  1.1 電池セパレータの役割とリチウムイオン電池のセパレータ

  1.2 ポリオレフィン微多孔膜の概要

 

2. リチウムイオン電池セパレータのコーティングによる機能付与

  2.1 コーティングの必要性と目的

  2.2 耐熱性向上

  2.3 電極との接着性付与

  2.4 耐熱性と電極との接着性の両立

  2.5 高電圧化と耐酸化性付与

 

3. まとめとコーティング技術の今後の動向

 

 【質疑応答】

----------------------------------------------------------------------------------

 

【14:30-16:00】

【第3部】ナノファイバー不織布を用いたリチウムイオン電池のセパレータの高性能化

 

 信州大学 国際ファイバー工学研究所 RISING STAR Prof. 金 翼水 氏

                               

1.ナノファイバーとは?

  1.1 ナノファイバーの始まり

  1.2 ナノファイバーの現状

  1.3 ナノファイバーの未来

 

2.電池の現状と限界

 

3.世界のセパレータの動向

  3.1 中国の現状と未来

  3.2 近年のセパレータの研究動向

 

4.ナノファイバー不織布を用いたセパレータの高性能化

  4.1 試料作製

  4.2 フィリム型セパレータとの比較

  4.3 評価

 

5.これからセパレータの行く道

 

6.結論

 

【質疑応答】

 

セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。 

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • 会社概要
  • お問い合わせ