製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【セミナー 7/25】やわらかさを知覚するメカニズムと測定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
セミナー情報  / 2018年06月11日 /  食品・機械 化学・樹脂 試験・分析・測定
イベント名 やわらかさを知覚するメカニズムと測定方法
開催期間 2018年07月25日(水)
10:00~17:00
会場名 [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム
会場の住所 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
地図 http://www.gijutu.co.jp/mailmap/company_map.htm
お申し込み期限日 2018年07月24日(火)15時
お申し込み

<セミナー No.807433>

 

やわらかさ
知覚するメカニズムと測定方法

 

 

★ヒトの知覚と機械の計測の原理の違いとは? 各種メカニズムを徹底解説!

★対象物を傷つけずに「やわらかさ」を測定するための手法とは?

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

■講師

【第1部】名古屋大学 大学院工学研究科 准教授 博士(情報科学) 岡本 正吾 氏

【第2部】静岡大学 大学院総合科学技術研究科 工学専攻 電気電子工学コース 教授 工学博士 犬塚 博 氏

【第3部】日本大学 工学部 上席研究員 工学博士 横田 理 氏

 

■聴講料

1名につき60,000円(消費税抜き、資料付き)

1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円(税抜)

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。

 

プログラム                                                                                    

 

【10:00~11:30】 

1.硬軟の知覚を含むヒトの触知覚メカニズム

名古屋大学 大学院工学研究科 准教授 博士(情報科学) 岡本 正吾 氏

 

【講座概要】

素材の触知覚に関する基本要素である、粗さ・硬軟・摩擦・温冷の知覚メカニズムについて、接触の機械力学・心理物理学・神経生理学の観点から基礎を解説いたします。特に、硬軟の知覚に注力します。全体を通して、素材の触知覚の基礎を幅広く理解して頂けます。特定の素材や製品についてではなく、万事に応用可能な事項についてお話します。
機械で計測可能な柔らかさと、ヒトが感じる柔らかさは異なります。その理由を理解するためには、ヒトと機械の知覚/計測原理の違いを理解することが必要です。この講演では、ヒトの知覚メカニズムを中心にお話しいたします。


1.素材知覚の5次元

2.2種類の粗さ知覚

3.マクロな粗さの知覚原理

4.ミクロな粗さの知覚原理

5.摩擦知覚の原理

6.表面粗さと摩擦の関係

7.硬軟の知覚原理

8.温冷の知覚原理

【質疑応答】


【12:10~13:40】 

2.圧縮空気を用いたやわらかさの測定法

静岡大学 大学院総合科学技術研究科 工学専攻 電気電子工学コース 教授 工学博士 犬塚 博 氏

 
【講座概要】 

物のやわらかさや硬さの情報は、それらが日常生活とも密接に関わることから様々な分野で測定されます。
しかし、その測定は対象物に接触させて損傷を与える手法が殆どでした。
我々は、圧縮空気を使った非接触非破壊でのやわらかさの測定法について研究してきており、その研究で実用化された計測器は食物や人間の体・ゴム・プラスチックや金属のやわらかさの非接触非破壊測定が可能であり、新しい応用が拡がっています。


1.初めに
 1-1 何故、やわらかさの情報が必要となるのか
 1-2 既存のやわらかさや硬さの測定法
 1-3 非破壊でのやわらかさの計測法

2.圧縮空気を用いたやわらかさや硬さの非接触非破壊測定法
 2-1 非接触非破壊硬さ測定器
 2-2 既存の測定法との相関
 2-3 測定可能なやわらかさの範囲
 2-4 実際の市販レベルの測定器

3.圧縮空気を用いた柔らかさの非接触非破壊測定法の応用
 3-1 食品のやわらかさや鮮度測定
 3-2 人間の皮膚や筋肉のやわらかさの測定
 3-3 ゴムやプラスチックのやわらかさと経年劣化の測定
 3-4 固体や液体材料の粘性と粘度の測定

【質疑応答】


【13:50~15:20】、【15:30~17:00】 

3.空気噴流による柔軟物の静的・動的粘弾性挙動の計測

日本大学 工学部 上席研究員 工学博士 横田 理 氏

 
【講座概要】

生体部位、食品、化粧品などの柔軟物の柔らかさを測定する試験機は、固体のプランジャ、あるいは押し針を柔軟物に接触させて負荷させるので、粘着力や付着力の大きい柔軟物に適さないことがある。
また、柔軟物に合わせたプランジャを選択する必要があるので、測定条件を揃えることも難しい。
一方、試作機では、負荷媒体は固体のプランジャではなく、空気噴流を用いるので、付着等の影響が生じにくい。
また柔軟物表面に瞬時にくぼみを発生させ、そのくぼみをレーザ変位センサにより瞬時に測定できる特長を有する。
本講義では、くぼみ変化を静的および動的な計測・評価について述べる。
特に、瞬時の負荷と除荷,および瞬時のくぼみ変化による粘弾性挙動について示す。


1.空気噴流による柔軟物の静的粘弾性挙動の計測
 1-1 硬さと柔らかさ
 1-2 空気噴流による静的粘弾性試験
 1-3 クリープ試験とクリープ回復試験
 1-4 コンプライアンスと等価深さ

2.空気噴流による柔軟物の動的粘弾挙動の計測
 2-1 空気噴流による動的粘弾性挙動の計測
 2-2 貯蔵弾性率と損失弾性率
 2-3 繰返し負荷による計測
 2-4 重ね合わせの原理

【質疑応答】

 

 

 

 

 

 

 

 

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • 会社概要
  • お問い合わせ