製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【セミナー 11/13】GMP工場における品質リスクの抽出・評価手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
セミナー情報  / 2018年08月09日 /  医療・バイオ 試験・分析・測定 建設・プラント
イベント名 GMP工場における品質リスクの抽出・評価手法
開催期間 2018年11月13日(火)
10:00~17:00
会場名 [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
会場の住所 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
地図 http://www.gijutu.co.jp/mailmap/company_map.htm
お申し込み期限日 2018年11月12日(月)15時
お申し込み

 

<セミナー No.811112>

 

GMP工場における

品質リスクの抽出・評価手法

 

☆ “形ばかりのQRM”から脱却し、本当の意味で品質改善につなげていくためのコツとは?
  ―日本の多くの企業が、まだ概念的なものにとどまっているQRMを機能させるためのポイントを解説!

----------------------------------------------------------------------------------
■講師
医薬品GMP教育支援センター 代表 高木肇 氏

 

■聴講料
1名につき50,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)
1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円(税抜)
大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。

 

プログラム                                                                                
   

【講座主旨】
患者に健康リスクを負わさないために、製品ライフサイクル全般に渡り品質リスクマネジメント(QRM)の活用が要請されて久しい。しかし、多くの医薬品企業では、未だに概念的なQRM理解に留まっているように思われる。
QRMは全員参加で行う身近な活動であることを知って頂くために、多くの具体例を挙げて紹介する。

 

【講座内容】
1.今、医薬品企業に何が求められているか
 1.1 「品質保証システム」の要請
 1.2 改正GMP省令に盛り込まれる事項
2.リスクマネジメントスキルが要求される時代
 2.1 製造/品質管理業務を適正・円滑に実施しうる能力とは
 2.2 潜在リスク抽出(改善点抽出)手段
 2.3 「?、いつもと違う」への対処法を構築
3.品質リスクマネジメント(QRM)の各種手法
4.QRMは工場内に留まらない(GDP要請の背景)
5.潜在リスクの抽出事例
 5.1 更衣/服装具/行動基準のリスク例
 5.2 倉庫のリスク例
 5.3 製剤エリアのリスク例
 5.4 包装エリアのリスク例
 5.5 試験検査室のリスク例
6.演習問題
【質疑応答】

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • 会社概要
  • お問い合わせ