製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
サーチ事業開発 協同組合 グローバル委員会
ニュース

日本経済新聞4/12付 外国人労働の本格拡大にカジを切る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2018年04月12日 /  自動車 産業機械機器 IT・情報通信

政府は2019年4月にも外国人労働者(総合2面きょうのことば)向けに新たな在留資格をつくる。最長5年間の技能実習を修了した外国人に、さらに最長で5年間、就労できる資格を与える。対象は農業や介護などで、試験に合格すれば、家族を招いたり、より長く国内で働いたりできる資格に移行できる。5年間が過ぎれば帰国してしまう人材を就労資格で残し、人手不足に対処する。外国人労働の本格拡大にカジを切る。

 

そもそも技能実習は学んだ技術を母国に伝えることが前提。経験を積んだ人材も実習後に国外に退去しなければならない。長く働きたい外国人や、実習で経験を積んだ外国人を育てた国内の雇用主からは、改善を求める声があった。

 

新設する資格は「特定技能(仮称)」。17年10月末で25万人いる技能実習生に、さらに最長5年間、就労の道を開く。技能実習は農業や介護などが対象。新設する資格とあわせれば、通算で最長10年間、国内で働き続けることができる。