製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
電気・温度・光・磁気に関する試験なら日本電気計器検定所
コラム

防災月間(感震ブレーカ等の試験)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録

9月は、「防災月間」です。

 

 9月1日は「防災の日」です。

 1923(大正12)年9月1日、関東大震災が発生しました。その大参事を忘れないため、また台風の被害が多い時期であることから、1960(昭和35)年に国土庁(現:国土交通省)が制定しました(今日は何の日より)。

 

【振動・衝撃試験】

 JEMICでは、電気計器の型式承認業務を行っており、電気試験及び環境試験を実施しています。その中の1つに振動試験があります。

 

 振動試験設備は、振動周波数 5 Hz以上の振動を発生させて試験することが一般的ですが、JEMICが所有する振動試験装置では、地震における低周波数域(1.4 Hzから5 Hzの低周波振動)での試験を行うことができます。また、低周波域の振動については、国立研究開発法人 産業技術総合研究所において、評価されたピックアップ(JA-5VE3,S/N 31710)、及び信号変換器(EM-1004,S/N 61499)を用いて、性能確認をしています。

 

 この振動試験装置を含む、型式承認試験に使用している試験設備は、一般公開していますので、電気計器等以外の試験にもご活用いただくことができます。

  ご利用方法は様々ですが、振動試験装置であれば、感震ブレーカー等の簡易試験だけではなく、低周波数域の振動または震災等の製品開発に、ご使用して頂けるかと思います。

 

 概要は、製品・技術の【低周波振動試験のご紹介】、【電気試験・環境試験の受託試験・立会い試験】のページをご覧ください。

 

【オープンイノベーションで切り拓く新規事業創出を目指しています】

 

 個別の試験ニーズに幅広くお応えするため、お客様からのご意見・ご相談・お問い合わせを積極的に受け付けております。お気軽にご相談ください。

(日電検 事業開発室)

低周波振動関連記事をピックアップしました。

2017.4-

参加ポータル
試験・分析.com