製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
電気・温度・光・磁気に関する試験なら日本電気計器検定所
コラム

AI技術とNILM・・・エネルギーパターン分離技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
電力自由化 電力測定  / 2018年02月13日 / 

スマートハウスにおけるディスアグリゲーション型サービス

 

 スマートメーターから収集したデータだけでは、家全体の電力の利用量はわかるが、例えばどの機器でどのくらいの電力を使っているのかを知りたいというニーズにはなかなか応えられなかった。しかし、最近ではこれを満たす技術を利用したサービスが登場している。それが「ディスアグリゲーション型」と呼ばれているサービスがある(2015.7.1 株式会社スタイリッシュ・アイデアより)。

 そこで、家全体の電力の利用量データを分解し、各機器などの単位での利用状況を把握することができるようにする技術がNILM技術である。

 

:NILM(Noninstrusive Load Monitoring:機器分離推定技術):エネルギーITを家庭まで普及させるための先進的技術としてAI(人工知能)を活用した電力分析技術である。

 家全体の総消費電力の詳細な特徴や時間変化(ミリ、マイクロ秒単位~)を計測・分析し、その電力消費の内訳推定。電力品質管理、省エネサービス、家電の状態把握に活用し、生活利便性の拡大効果。主幹電力計測器だけで電力分析が実現可能であることが最大の特徴である(インフォメティス㈱が商用化)。

 

【オープンイノベーションで切り拓く新規事業創出を目指しています】

  

 JEMICは、低電圧(商用電圧)から高電圧(UHV)に至るまで、電力(量)測定(待機電力、消費電力等)を専門に計測器の校正等を行っている公正中立な機関です。

 特に、JEMICでは、取引証明に用いられる電気計器(スマートメーター等)の検定及び型式承認業務を行っており、電気に係る試験及び環境試験等を実施しています。これら電気計器に係る型式承認業務に使用している試験設備は一般公開しています。是非とも電気計器等以外の試験にもご利用ください。

 これからの電力業界の環境変化に対し、新たな課題に取り組み、多種多様な企業と共創することによって、解決できるよう取り組んでまいります。

 お客様からのご意見・ご相談・お問い合わせをお待ちしております。お気軽にご相談ください。

(事業開発室)

参加ポータル
試験・分析.com