製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
電気・温度・光・磁気に関する試験なら日本電気計器検定所
コラム

高調波測定器について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
一般校正 低周波EMC アナライザ、FFT  / 2018年02月14日 / 

1.はじめに

 パソコンに代表されるOA機器やインバータ方式の家電製品の普及に伴い、それらの機器から発生する高調波電流が配電系統の高調波を増大させている。この高調波が同一の系統に接続されている他の機器に加熱、誤動作などの障害を与える可能性が年々増加している。すでに、この高調波電流を規制するガイドラインが制定され、各工業会においても対象となる電気製品について高調波を抑制する対策が実施されている。

 OA機器や家電製品などから発生する高調波電流の抑制や配電系統の高調波発生原因の究明には、高調波を測定する技術の確立はもとより、高調波を正しく評価できる測定器が不可欠となる。

 ここでは、高調波測定器を校正するために日電検で開発された高調波電流校正システムの概要について紹介する(以下、資料はダウンロードページへ)。

 

【オープンイノベーションで切り拓く新規事業創出を目指しています】

  

 JEMICは、低電圧(商用電圧)から高電圧(UHV)に至るまで、電力(量)測定(待機電力、消費電力等)を専門に計測器の校正等を行っている公正中立な機関です。

 特に、JEMICでは、取引証明に用いられる電気計器(スマートメーター等)の検定及び型式承認業務を行っており、電気に係る試験及び環境試験等を実施しています。これら電気計器に係る型式承認業務に使用している試験設備は一般公開しています。是非とも電気計器等以外の試験にもご利用ください。

 これからの電力業界の環境変化に対し、新たな課題に取り組み、多種多様な企業と共創することによって、解決できるよう取り組んでまいります。

 お客様からのご意見・ご相談・お問い合わせをお待ちしております。お気軽にご相談ください。

(事業開発室)

参加ポータル
試験・分析.com