製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
電気・温度・光・磁気に関する試験なら日本電気計器検定所
JEMICの最新情報

恒温槽・試験槽等のJTM規格に則った性能試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
IATF16949 JCSS校正  /  食品・機械 自動車 化学・樹脂

 恒温槽の性能試験方法については、JIS C 60068(ISO/IEC60068)シリーズ及び日本試験機工業会(以下「JTM」という。)のJTM規格で規定されており、それらに準じた試験方法が広く採用されております。

 性能試験方法には、恒温槽の有効空間内の上下四隅8点と中心点の温度を測定するものとし、任意1点の温度変動、有効空間の任意2点間の温度差の最大値である温度勾配、有効空間の中心と任意1点の温度偏差などがあります。

 JEMICでは、JIS C 60068(ISO/IEC60068)シリーズ及びJTM規格に則った性能試験が可能となっております。
 トレーサブルの証明はJCSS校正で、恒温槽内の評価は性能試験で実施し、セットで管理していくことをお奨めいたします。

(2017.7 N)
参加ポータル
試験・分析.com