製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
石膏鋳造から真空注型まで精密鋳造の株式会社共栄デザイン
製品・技術

真空注型の製作工程

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
真空注型  / 2018年06月14日 / 

真空注型の製作工程

 

真空注型は、最短3日で頭だし可能です。

シリコンゴムを利用した真空注型により、ウレタン樹脂、エポキシ樹脂などのプラスチック成形品、試作品、複製品を精密かつ短納期、低コストでお届けできます。

指定色での着色はもちろん、インサートを使用した同時注型も可能です。

 

 

真空注型品の製造工程

 

共栄デザインの真空注型(レジンキャスト)工法の製造工程について、説明します。

非常に粘度が高い樹脂を使用するため、ポンプで槽の中を減圧して真空に近い状態をつくり、型の中に樹脂を流し込みます。
気圧差を利用して型の隅々に樹脂が行き渡り、気泡ができにくいのも特長です。

 

1)製品データ受け取り・製作打ち合わせ

真空注型による製造の元となる、2次元図面や3次元データを受け取り

2)プログラミング・CAD/CAM

元データ・図面より、CAD/CAMより最適化された3Dデータを作成

3)マスターモデルを製作

作成した3Dデータより、マスターモデルを製作

4)マスターモデルから独自手法でシリコン型を製作

マスターモデルを転写し、シリコン型を製作

5)真空注型による複製品を製造

真空注型装置により、複製を製作

真空注型装置などの主要設備はこちら

6)仕上げ・真空注型品の完成!

仕上げを施し、真空注型品が完成

※マスターモデル完成後、最短3日で頭だし可能!

7)三次元測定機による測定・検査!

CNC三次元測定機による倣い輪郭測定を行い、高品質な製品と測定データを一緒に納品。安心もお届け!

 

 

真空注型品のお問い合わせ

 

真空注型により、ウレタン樹脂・エポキシ樹脂などの精密なプラスチック製品を短納期かつ、低コストでお届けできます。
図面など仕様を頂ければ、最適な材料・加工方法でお見積もりをさせていただきます。

精密注型品について、共栄デザインまでお気軽にお問い合わせください。

 

  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術
  • イベント
  • Q&A
  • コラム
  • 会社概要
  • 設備紹介
  • お問い合わせ