製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

接着剤や樹脂材料を使わず、ガラスと金属を直接気密接合できる技術。1個から試作可能。[富士通特機コンポーネント]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン  / 2017年07月27日 /  産業機械機器 鉄/非鉄金属 セラミックス

No.2297 2017年7月27日

● ガラスと金属の接合技術を安定的に提供

ガラスと金属の接合や修理に対応できる企業がなく、依頼先にお困りではあ
りませんか? そんな時にご相談いただきたいのが富士通特機コンポーネン
ト株式会社様です。

国内で希少な技術となりつつあるガラス接合技術を社内で伝承し、熟練技術
者によって長期に安定して提供できるのが同社の強み。熱膨張係数が異なる
ガラス管を接続する「段継ぎ加工」技術を保有し、金属部品から石英ガラス、
パイレックス、ソーダガラスなどに変換することもできます。


■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

ガラス部分が破損しても部品の買い替え不要
ガラスと金属を直接気密接合で、コスト削減


■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■ 1個から試作可能、入手不可能な部品の製作やカスタム対応も
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同社では、ガラス部分が破損・消耗した部品でも、金属部分を再利用し、ガ
ラスを接合して補修。製造中止やメーカー不明で入手不可能な部品でも、同
社の技術なら同じ部品を製作できます。

かんたんな手描き図があれば、ご要望に応じた設計から製造まで、一貫して
カスタム対応。1個からの試作や小ロット品のご用命にも対応します。
コスト面や納期でお困りの場合は、ぜひ一度、同社にご相談ください。

>> 金属部品を再利用し、ガラス部再生でコスト削減した事例はこちら


■ 段継接合サイズは外径φ50程度まで製作可能
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ガラス管の両サイドに金属を接合する同社の技術は、接着剤や樹脂材料を使
わず接合するので、広い温度範囲で高い気密性を保持。耐冷、耐熱、耐溶剤
性に優れた部品製造に最適です。

ろう付けも社内で行っているので、形状・用途・材質の組み合わせによって
様々な接合に対応します。金属-ガラス変換チューブの段継接合では、外径
φ50程度まで製作可能です。

>> ガラスと金属の直接気密接合の詳細はこちら


>> ガラス接合加工技術に関するお問い合わせはこちら


--- PR -------------------------------------------------------------
◆足で稼ぐ営業を見直しませんか?
貴社のサイトを“できる営業マン化”「WEB営業力」の強化を支援します。

--------------------------------------------------------------------
 

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら