製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
鹿児島、宮崎、徳島、京都、北海道に工場を持ち、常にグループ内でお客様のニーズに最適な条件を検討させて頂いております。
試作から量産まで、めっきのことならお任せ下さい。
製品・技術

ダイレクト金めっき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
めっき加工技術 Auめっき  /  医療・バイオ 産業機械機器

今般展示会にも出展いたしましたが、ダイレクト金めっきについてご紹介いたします。

 

このダイレクト金めっき、最近のめっきのトレンドかと感じるくらい、同業者の方々でも

PRしていることが多いのです。ホームページ等ではなく、展示会にてご紹介されて

いる場合が目に留まります。全く関係ないのですが、ものづくりワールド内でのめっき

屋さんには黒ニッケルのご紹介が多かったとも感じております。黒は光を吸収する色

ですので、そういったところでの用途が多いのでしょうか。

 

さて、話しが若干逸れましたが、ダイレクト金めっきについても、展示会でのPRを

ちらほらとお見かけしました。弊社でも、今まで処理が困難とされてきたSUS材に

関して処理が可能です。

 ご存知の方も多いかと思いますが、SUS材につきましては、既に素材そのものが安

定している状態です。表面が強力な酸化皮膜で覆われているために、まず皮膜の対処が

必須条件となります。皮膜対処作業の難易度が高く、ご依頼をいただいても、お応えす

ることが難しかったという経緯がございます。

 

次いでもうひとつ余談をいたしますと、SUS材はいわゆるステンレスです。

 

ステンレスとは“Stainless steel”=「Stain:錆、汚れ」「less:ない」「steel:金属」

 

“錆びない金属”という名前ですが、すでに酸化している状態のため、それ以上酸化

しないという状態にあります。10円硬貨の外観がピカピカの状態から、光沢のない

茶色へと変化していく現象は、正に酸化現象です。茶色の状態は安定している状態

ですので、日常生活の中でそれ以上変色することは少ないかと思います。この場合、

お酢やレモン果汁を利用して酸化皮膜を取ることが可能ですが、SUS材やチタン材

の場合は、そうそう家庭の知恵なみには対処できない背景があります。

 

かといって、できないばかりでは技術としても進歩いたしません。前処理を工夫する

ことで、この課題を解決いたしました。展示会の配布資料を、下記ダウンロードファイル

として添付いたしますので、宜しければご参照くださいませ。

ダイレクトに金を処理することで、磁性を帯びたくない製品や、金属アレルギーの問題

を避けたい製品等に対応可能と想定しております。金は非常に軟らかい金属ですが、

接触抵抗や耐食性に優れているといった点もございます。

 

弊社では、試作対応はひとつよりさせていただいております。

もしもご関心をお持ちの方は、処理するものは金だけに限りませんので、ゼヒともお問い

合わせくださいませ。よろしくお願い申し上げます。

 

 

      *来週からは連続5日間にて記事更新をいたします*

         こちらもあわせてよろしくお願いいたします。

 

参加ポータル
航空機産業ポータル
メッキメーカー情報.com