製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ハイスピードカメラ(高速度カメラ)・視線計測装置・モーションキャプチャシステムのデモ受付中です。
事例

スローモーションで見る「レーザー溶接」 ハイスピードカメラ撮影事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
ハイスピードカメラ撮影事例 「溶接」テーマ別活用例 メモリカムHXシリーズ  / 2011年12月02日 /  自動車 鉄/非鉄金属 試験・分析・測定

ナックイメージテクノロジーのハイスピードカメラ「MEMRECAM HX-1」で撮影した映像をお届けします。

人の目では捉えることのできない高速現象をスローモーション映像でご確認ください。

 

『レーザー溶接』

使用カメラ:MEMRECAM HX-1

撮影速度:10,000コマ/秒

解像度:1280×720ピクセル

 

 

ナック最高峰のスペックを誇るハイスピードカメラ「MEMRECAM HX-1」は、外付で最大1TBのメモリを搭載可能、HD画質で10,000コマ/秒の高速撮影が可能です。さらにフルフレーム2560×1920ピクセルという超高精細の映像を取得することができます。

 

 溶接技術の開発に携わるみなさまは、こんなことを見てみたいとお考えではないでしょうか。

 

・発生したスラグが浮遊する様子

・凝固していく過程

・溶融池の様子

 

高速度カメラを使用するとこういった現象もはっきりと捉えることが可能となります。

HXシリーズのカメラで採用されている画像センサは感度が非常に高いため、拡大撮影も容易に行えるなど、溶接のほかにも幅広くご活用いただける製品となっています。また、ナックイメージテクノロジーでは、放電のようにナノ秒を捉えるカメラや、X線発生器と組み合わせて透視計測できるカメラなどもご用意しています。

 

こんな現象を見てみたい、こんなことをやってみたいといったことがございましたらお気軽にお問合せください。 データ収集から解析システム、特殊撮影技術などのご相談も随時承ります。

 

 

■最高1,300,000fpsの高速撮影

爆発、衝撃波、燃焼、放電など超高速現象も撮影可能。

■外付け最大1TBの大容量メモリ*搭載可能

現象が不意に発生する場合、対象物の動作時間が長い場合でも対応が可能

■500万画素の超高精細画像

映像の美しさが求められる場面に。微小物体の撮影でも鮮明な画像が取得可能。

 

参加ポータル
航空機産業ポータル
試験・分析.com
産業機械.com