製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ハイスピードカメラ(高速度カメラ)・視線計測装置・モーションキャプチャシステムのデモ受付中です。
事例

「干渉法による沸騰現象の可視化」ハイスピードカメラ撮影事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
ハイスピードカメラ撮影事例 メモリカムHXシリーズ  / 2011年12月27日 /  産学連携 試験・分析・測定 先端技術

ナックイメージテクノロジーのハイスピードカメラは、民間企業だけでなく、大学や研究所でも活躍しています。今日は「干渉法による沸騰現象の可視化」をMEMRECAM HX-3で実現した映像をお届けします。

 

『干渉法による沸騰現象の可視化』

使用カメラ:MEMRECAM HX-3

撮影速度:10,000コマ/秒

解像度:960×960ピクセル

 

 

映像は水が沸騰している様子ですが、干渉法という手法を用いるとこのような映像が取得できます。この干渉縞から温度を計測しているそうです。

ハイスピードカメラは単にスローモーション映像を撮るだけではありません。映像から分かることは未知数です。また、映像をどのように分析するかも使用される方次第です。

 

ナックイメージテクノロジーでは、お客様の用途に合わせて最適なカメラをご提案します。これまで蓄積されてきたノウハウを最大限に活かし、みなさまの研究のお役に立つ情報提供を心掛けています。

 

こんな現象を見てみたい、こんなことをやってみたいといったことがございましたらお気軽にお問合せください。 データ収集から解析システム、特殊撮影技術などのご相談も随時承ります。

 

▼このカメラの詳細・カタログダウンロードは下記リンクから▼

 

参加ポータル
航空機産業ポータル
試験・分析.com
産業機械.com