製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ハイスピードカメラ(高速度カメラ)・視線計測装置・モーションキャプチャシステムのデモ受付中です。
製品・技術

ハイスピードカメラを活用した温度解析 二色法解析ソフト FLAMMA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
高速度カメラの用途はただスローモーション映像を撮影するだけではありません。
撮影した映像を元に、温度解析や変位・速度・加速度などの定量解析も可能となります。
その中でも今回は、二色法解析ソフトを利用した温度解析を紹介します。
より高精度なデータ取得に高速度カメラの活用を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

ボアスコープを用いたエンジン筒内の燃焼撮影映像

使用カメラ:MEMRECAM GX-1

撮影速度:20,000コマ/秒

 

 二色法解析ソフト FLAMMA とは

 

ハイスピードカメラで撮影された燃燃焼火炎や溶接の画像を、二色法理論に基づいた画像処理によって温度分布の画像に変換し、温度計測を視覚的に行うソフトウェア です。

 

○溶接の溶融や溶融炉の温度解析に対応

○簡便なキャリブレーションにより温度計測を実現

○燃焼火炎の画像を温度分布画像に変換し、カラーテーブルによる温度分布画像を表示

○燃焼温度とKL値の画像をサムネイル表示可能

○温度較正値、計算値のCSV出力が可能

○解析結果のマップ表示機能 

 

温度計算結果及びKL値カラーチャート表示 溶接温度解析結果
温度計算結果及びKL値カラーチャート表示 溶接温度解析結果
温度サムネイル表示	KL値サムネイル表示
温度サムネイル表示 KL値サムネイル表示

▼カタログはページ下部の『資料ダウンロードへ』ボタンから▼

 

ハイスピードカメラ + 二色法解析ソフト FLAMMA の活用例

 

●内燃機関の研究

燃焼場、ガス流動、燃料噴射の計測などをハイスピードカメラ、ボアスコープ、UVi、などを組み合わせて実現します。

燃料室内の様子を撮影し、異常燃焼やノッキングの原因、燃料の揺らぎや室内に付着する様子を捉えることができます。

 

ハイスピードカメラを使用した温度解析 製品紹介

 

●ナックハイスピードカメラ

MEMRECAM GX-5   MEMRECAM HX-3

スロー映像を取得するハイスピードカメラは、状況に合わせて最適なモデルを選択します。

・多方向から溶接現象を動機撮影できるカメラヘッド分離型 [MEMRECAM GX-5]

・フルHD4,500コマ/秒、最高撮影速度130万コマ/秒 [MEMRECAM HX-3]

 

●ボアスコープ

ボアスコープ

エンジンの燃焼室内の噴霧・火炎の状況観察など、外部から直接可視化できない部位を

撮影するための可視化用特殊光学系。

モデル装置でなく、実車のエンジン筒内の撮影を可能にします。

 

 

 

 

 

 

 

●UVi(光増幅光学装置)

UVi 光増幅光学装置
  被写体の微弱な光をイメージインテンシファイアで

  最大40万倍まで増幅し明るい光学像を創りだす装置 。

 

 

 

 

●二色法解析ソフト FLAMMA

ナックハイスピードカメラで撮影された燃焼火炎の画像を二色法理論に基づいた

画像処理を行い、温度分布の画像に変換するソフトウェア。

 

その他、撮影に必要なオプション機器を撮影環境に合わせてご提案いたします。

 

より具体的な撮影方法については、お気軽にお問い合わせください。

「こんな現象を見てみたい」「こんなことをやってみたい」といったことでも構いません。

撮影知識・技術を持ったスタッフが直接お伺いして、状況に合わせたご提案をしています。

 

▼ページ最下部の『このページに関するお問い合わせ』よりご相談ください▼

 

参加ポータル
航空機産業ポータル
試験・分析.com
産業機械.com