製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ハイスピードカメラ(高速度カメラ)・視線計測装置・モーションキャプチャシステムのデモ受付中です。
製品・技術

高速度カメラMEMRECAM HXシリーズより新モデルが順次リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
ハイスピードカメラ メモリカムHXシリーズ  /  自動車 産業機械機器 試験・分析・測定

 HXシリーズに新モデルが登場、10月よりリリース開始

 

ハイスピードカメラ MEMRECAM HXシリーズ (メモリーカム)

 

ナックイメージテクノロジーの高速度カメラ“MEMRECAM HX(メモリカム)シリーズ”は、使用用途や環境に合わせて選べる新世代のカメラです。あらゆる研究開発分野から 生産技術分野まで幅広いニーズにお応えします。

高精細(2560×1920ピクセル)、高感度(白黒ISO40000)、高速度(130万コマ/秒)を活かしたこれまでにない高画質なスローモーション映像で詳細に観察・計測が行えます。

 

最も解像度が高いハイスピードカメラ

 

解像度比較500万画素で2,000コマ/秒、HD画質で10,000コマ/秒(HX-1、HX-3)の撮影ができ、これまでにない高精細な映像を捉えることが出来ます。また、高精細にて撮影した画像から任意のエリアを選んでもその画質は劣ることなく鮮明です。

 

 

 

これまで以上に明るく鮮明な撮影が可能

 

感度比較超高感度センサー採用により、熱に弱い対象物、低照度環境下での撮影において、これまで以上に明るく鮮明な撮影が出来ます。また、拡大光学系を用いた撮影でも容易に鮮明な画像を捉えます。

 

 

 

 

10億分の1秒の世界を捉える

 

最高撮影速度は130万コマ/秒。爆発、衝撃波、燃焼、放電など超高速現象も撮影が可能です。さらにHX-1は最大で1TBのメモリを搭載し、高速飛翔体の発射から飛翔過程、着地までも通して記録をすることができます。

 

 

 

 

現場での使用から研究開発まで、用途はさまざま

  • 溶接、切断、穴あけなどのレーザー加工を視覚的に解析
  • スパッタ数・ヒューム面積・キーホール面積を自動的に検出し、溶接の良否が判定
  • 金属材料の切削(切り粉の飛ぶ様子、削られた材料、刃先の動き)を観察
  • 実車衝突、スレッド試験、内装部品・エアバッグ展開試験などの衝突安全試験
  • 爆発、衝撃波、燃焼、放電など超高速現象も撮影可能

 

大容量メモリ搭載モデルを選択すれば、現象が不意に発生する場合や対象物の動作時間が長い場合でも対応が可能です。また超高精細モデルでは、微小物体の撮影でも鮮明な画像が取得でき、映像の美しさが求められる場面にも対応します。

 

その他の活用事例や『可視化してみたい現象がある方』、『問題の原因がまだ分からないという方』はお気軽にお問い合わせください。

 

▼高速度カメラHXシリーズの資料請求は『このページに関するお問い合わせ』から▼

 

 

■ハイスピードカメラ MEMRECAM HXシリーズ 概要

  

  ■ MEMRECAM HX-4  ■MEMRECAM HX-5  ■MEMRECAM HX-6
画素数 1280×960ピクセル 2560×1920ピクセル 2560×1920ピクセル
最高撮影速度 1,080,000コマ/秒 900,000コマ/秒 650,000コマ/秒
メモリ容量 16/32/64 GB 16/32/64 GB 8/16/32 GB
出荷時期 2012年10月予定 2012年11月予定 2012年11月予定

※製品の仕様は予告なく変更することがございます。

 

これまでにハイスピードカメラHXシリーズやウルトラハイスピードカメラで撮影したサンプル動画・活用事例の一部を紹介しています。ぜひご覧ください。

 

▼サンプル動画や活用事例を【このページの関連ページ】からチェック▼

 

参加ポータル
航空機産業ポータル
試験・分析.com
産業機械.com