製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ハイスピードカメラ(高速度カメラ)・視線計測装置・モーションキャプチャシステムのデモ受付中です。
イベント

人とくるまのテクノロジー展2016 横浜 出展のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
展示会  / 2016年04月25日 /  自動車 試験・分析・測定 先端技術
イベント名 自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2016 横浜
開催期間 2016年05月25日(水) ~ 2016年05月27日(金)
10:00~18:00 ※27日は17:00まで
会場名 パシフィコ横浜 (会議センター)
ブース番号 104
会場の住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい一丁目1番1号
地図 http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html

人とくるまのテクノロジー展2016 横浜 2016年5月25日(水)~27日(金)にパシフィコ横浜にて行われる「人とくるまのテクノロジー展2016 横浜」に出展します。

 

ナックブースでは「安全性向上」「燃費効率向上」「運転動作計測」の3つをテーマにハイスピードカメラやモーションキャプチャの最新製品をご紹介します。

 

❚安全性向上

各国NCAPで規定されている乗員保護や実際の事故に近い試験形態での衝突実験を映像計測の面からサポートします。設置場所や状況に合わせ、さまざまなモデルから最適なカメラでシステム設計を行います。

 

❚燃費効率向上

エンジン燃焼や燃料噴射メカニズムをハイスピードカメラで撮影し、条件の最適化をサポートします。可視化だけでなく、温度解析や油膜厚計測システムなどもご提案しています。また、車体の軽量化に向けた材料開発過程での歪み計測、溶接などの工法開発においても映像計測技術が活用されています。

 

運転動作計測

ドライバーの視線、運転姿勢や動作、筋電や脳波などの生体信号を同時計測し、何を見て、何を感じ、どう判断し、動作しているのかという行動分析のため、ハイスピードカメラだけでなく、視線計測装置や生体信号計測装置、モーションキャプチャなどを統合したシステムをご紹介します。

 

当日は混雑が予想されますので、ご来場の際は公式サイトより事前登録をお願いします。また、弊社より招待券をお送りすることも可能ですので、ご希望の際は「このページに関するお問い合わせ」よりご請求ください。

 

ご来場の際は、是非ナックブースへお立ち寄りください。社員一同ご来場お待ちしています。

 

【主な出展機材】

 

ハイスピードカメラ MEMRECAM GX-5 / μ-Cam

 1円玉より小さな15mm角のカメラヘッドμ-Cam(マイクロカム)はこれまでカメラの設置が難しかったドア内部に設置してロック機構を撮影したり、ダミー内部に設置してより詳細なデータ取得が可能です。

 

 ●ハイスピードカメラ i-SPEED726

 高解像度を維持しつつ高速度撮影が可能なハイスピードカメラです。内燃機関や燃料噴霧撮影・解析したり、より効率的な溶接技術の開発のためのデータ取得をしたり、幅広く活躍が期待されるカメラです。

視線計測装置 EMR-9

"人間はいったい何を見ているのか?"を定量的に計測するシステムです。EMR-9は小型軽量モデルで、被験者の負担を軽減し、より自然に計測をすることができます。

モーションキャプチャー MAC3D System

MAC3D Systemは最少2台のカメラから3次元計測が   可能なモーションキャプチャーシステムです。マーカーを貼るだけで3次元位置情報を取得できます。変位計測、スポーツ解析、バーチャルリアリティと多分野で応用可能です。

 

 

参加ポータル
航空機産業ポータル
試験・分析.com
産業機械.com