製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
航空宇宙機器開発で培った信頼性の高い技術を活かした受託試験を実施します。

HOME

風洞実験 イメージ国内唯一の航空機専業メーカーによる

風洞実験・流体解析!

日本唯一の航空機専業メーカー日本飛行機株式会社では、国内ではまだ利用可能な設備が少ない「風洞実験(試験)」を、高いスキルとノウハウで提供しています。

 

風洞実験(試験)の詳細はこちら
屋外設置の装置や耐風確認に最適。航空機専業メーカーの「風洞試験」。
最大風速性能が高く、製品に対して40~50m/sの耐風性も確認できます。
小型製品であれば、50m/sを超える風速での耐風試験も可能です。

  

流体解析の詳細はこちら

市販の熱流体解析ソフト(ANSYS FLUENT)を使った流体解析のご依頼に対応しています。
風洞試験では計測が困難な部位の荷重推定や、製品周りの詳細な流れ場の様子を解析することができます。

 

環境(温湿度)試験の詳細はこちら
温度範囲-60~+120℃、湿度最大95% R.H.に対応。奥行きを1.5mに狭めることで、温度範囲-70~+150℃まで可能です。

 

振動・強度試験の詳細はこちら
加振力160kN、加振周波数5Hz~2kHzの大型の振動試験設備を完備。加振オペレーションはもちろん、加速度等のデータ取得、試験計画書、報告書などの作成にも対応。

 

大型製品への試験など、お気軽にご相談ください

 

日本飛行機による受託試験サービス詳細

製品・技術

【風洞試験】最大風速性能が高く…

風洞試験のご相談は日本飛行機にお任せください 風洞試験とは? 風洞試験の目的 風洞試験の重要性 概要・受託内容 有する試験設備 受託試験のお問い合わせ ■風洞試験とは ? 風洞試験とは、簡単に…

【振動試験】加振周波数5Hz~2kH…

航空宇宙機器の品質を支える「大型振動試験」「大型振動試験」のことなら日本飛行機(株)にお任せください。航空機装備品、宇宙機器、鉄道車両搭載品などの実績が豊富にあります。加振力160kN、加振周波数5Hz~2kHz…

【環境試験サービス】高温高湿・…

航空宇宙機器製造で培った技術を活かした環境試験サービス(受託試験)日本飛行機(株)で実施している温度試験や湿度試験(環境試験)では、温湿度の変化をプログラムすることが可能です。温度範囲-60~+120℃、…

製品・技術の一覧はこちら