製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
電子機器・部品・材料の各種信頼性試験およびEMC測定などに幅広く対応
製品・技術

硫黄系アウトガス分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
化学分析  /  環境 化学・樹脂 試験・分析・測定

高度な微量分析によりお客様の電子機器・電子部品の障害対策を支援

 

アウトガス 電極、配線などに銀を用いる電子回路基板では、しばしば硫黄系ガスによる金属腐食が不具合の要因となります。これは、銀は硫黄系ガスが微量(ppb(v/v)オーダー)でも存在すると硫化銀を生成し腐食が発生する一方、硫黄系ガスは使用環境の大気中に存在するだけでなく、電子部品の構成材料や梱包材(緩衝材)などからも発生することがあるためです。

 

そこで、製品の周辺から硫黄系ガスが発生しないことを確認しておく必要があります。

当社は、材料から発生する硫黄系ガスを高感度・高効率に検出する独自の手法で分析します。

 

 

解析事例

 

基板の腐食が起こり、腐食部分の元素分析を行った結果、硫黄成分による硫化であることが確認されました。試料の状況、腐食の時期等から、その梱包材から硫黄成分が発生していることが疑われました。そこで梱包材から発生する硫黄ガスを分析したところ、硫化カルボニルの発生が認められ、これが原因と特定できました。  

 ガスクロマトグラフ

 

 

 

化学分析や成分分析に関するお問い合わせ

 

RoHS指令の規制物質、REACH規則で定められた高懸念物質(SVHC)のスクリーニング分析から精密分析まで、成分分析については、沖エンジニアリングまでお気軽にお問い合わせください。

 

お見積りのご依頼や試験可否については、製品や部品の品名情報、詳しい試験や分析の条件についてお知らせいただけるとスムーズです。  

 

  • HOME
  • 製品・技術 受託試験
  • 会社概要
  • 拠点所在地
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com