製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
お任せ下さい。セラミックス・特殊金属材の高精度加工
製品・技術

まな板の上の魚 クリアランス0.002ミリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2017年06月12日 /  医療・バイオ 電子・半導体 先端技術

片方の写真だけでなんの変哲のないただの金属の板。

しかし、もう一つの写真では魚が浮かび上がっています!

 

実はこれ、ワイヤーカットで魚の輪郭を切り出したもの。

輪郭のスキマは0.002ミリ!

 

ここでピンと来た方はもうご存知でしょう、

一枚の金属板からワイヤーカットでは製作が困難なクリアランスということ。

これは3つの金属板からそれぞれ頭、胴体、尾びれを分けて製作し、

なおかつその輪郭の合わせ精度を0.002のクリアランスまでにしています。

 

とくに胴体と尾びれにかけてとても入り組んだ形状にもかかわらず、

均一なクリアランスでかつスムーズに摺動するのがポイントになります。

 

工具切削や電極放電ではない、このような部品、形状づくりも面白いのではないでしょうか。

 

これから展示会などにもこちらを展示しますので、ぜひ現品を見に来て下さい。

 

製品概要 SUS440C焼き入れ鋼を使用
ワイヤー放電加工にて製作
特徴 3点の品別々で作り、合わせの精度を0.002で維持
製品名・型番等
シリーズ名
クリアランス0.002ミリ
  • HOME
  • 製品・技術 セラミックス精密加工
  • イベント 展示会情報
  • コラム スナップ写真集
  • お問い合わせ
参加ポータル
セラミックス.com