製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
X線結晶構造解析の受託サービスと科学機器の製造・販売
リガクは、X線・熱・分光分析装置を通して、材料の開発・研究・評価をサポートします。
事例

X線顕微鏡による樹脂材料の非破壊観察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
X線顕微鏡観察の受託  /  化学・樹脂 繊維・紙・パルプ 試験・分析・測定

 

リガク独自の高輝度X線発生装置と高分解能X線カメラの組み合わせで、サブミクロン領域が観察できる高空間分解能、高密度分解能、大視野観察をもった3DX線顕微鏡「nano3DX」

 

従来のX線顕微鏡に比べ、密度分解能が向上、高い2D・3D空間分解能を保持しながら、広い領域で観察することができます。

3D X線顕微鏡

 

リガクでは、「nano3DX」による受託分析サービスを行っています。

炭素繊維強化樹脂(CFRP)の非破壊観察事例をご紹介します。

 

炭素繊維強化樹脂(CFRP)の観察

「nano3DX」は、X線に対して透明だと思われていたCFRPの炭素繊維と樹脂と空気層を見分けることができます。

さらに、クラックの3次元的な伝播やボイドの存在箇所を非破壊で検出でき、炭素繊維の抽出、数密度、マイクロボイド・クラックの定量計測も可能です。

 

炭素繊維強化樹脂(CFRP)の解析画像

 

 

動画

CFRPサンプル動画

 

CFRPスライス動画

 

CFRPサンプル動画

 

「nano3DX」についてもっと詳しく知りたい

「nano3DX」を使用した生体組織の高分解能観察

 

お問い合わせ

X線顕微鏡を用いた受託分析についてのご質問、ご相談、観察事例など、お気軽にお問い合わせください。

 

  • HOME
  • 製品・技術
  • 事例
  • 受託可能な分析
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com