製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

2/22【セミナー】豊かな触感覚提示を叶える技術・インタフェースと知財動向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
イベント名 豊かな触感覚提示を叶える技術・インタフェースと知財動向
開催期間 2018年02月22日(木)
10:30~16:00
会場名 東京・港区浜松町 芝エクセレントビル B1F KCDホール
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/st/cont/id/20034
お申し込み期限日 2018年02月21日(水)15時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

M041「狙いどおりの触覚・触感をつくる技術」 発刊記念セミナー 第3弾!

 

人の多様な感覚を活用するインタフェースの構築にむけて。
体験の印象や情動に影響する、人の多様な感覚を"狙いどおり"に刺激するには?

そして、ビジネスとして利益を得るには見逃せない企業動向をここで速習!

 

・簡略化されたシステムでも、豊かに五感情報を提示するクロスモーダル知覚
・触感のリアリティ向上に。振動覚にない感覚をもたらす痛覚・温冷覚
・知財に明るくない方にもわかる、当分野で強いライセンスを持つ米国企業の取り組みとその狙い

 

執筆陣による発刊記念セミナーはこちら↓

 

Ⅰ. 2018.1.22 「触覚センサ 徹底解説」

Ⅱ. 2018.2.26 「触覚定量化・数値化」

Ⅲ. 2018.2.22 「触感覚提示と知財動向」(当ページ)

 

講師

 

 第1部
「多感覚情報を圧縮するクロスモーダル知覚とその活用」

― 東京大学 大学院情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 講師 鳴海 拓志 

 


第2部
「複合現実空間における痛覚・温冷覚提示技術

― 立命館大学 情報理工学部 メディア情報学科 特任助教 橋口 哲志 
 

【ご専門】
複合現実感,クロスモーダル,触覚ディスプレイ

【略歴】
2005年職業能力開発総合大学校福祉工学科卒業.2007年九州工業大学大学院生命体工学研究科博士前期課程修了.2013年九州大学大学院芸術工学府博士後期課程修了.現在,立命館大学情報理工学部メディア情報学科特任助教.複合現実感,クロスモーダル,触覚ディスプレイの研究に従事. 


第3部
触覚・触感インタフェースにおける特許・ライセンス動向
 」
 ~Immersion Corporationに学ぶ:企業成長戦略/知的財産戦略~

― 知財コンサルタント&アナリスト  菅田 正夫 氏 [元 キヤノン(株)]

【略歴】
1976年 東京工業大学大学院理工学研究科化学工学専攻修了。同年 キヤノン株式会社中央研究所入社。 上流系技術開発(a-Si系薄膜、a-Si-TFT-LCD、薄膜材料〔例:インクジェット用〕
など)に従事後、技術企画部門(海外の技術開発動向調査など)をへて、知的財産法務本部特許・技術動向分析室室長(部長職)など、技術開発戦略部門を歴任。2009年 キヤノン株式会社を定年退職。知的財産権のリサーチ・コンサルティングやセミナー業務に従事する傍ら、「特許情報までも活用した企業活動の調査・分析」、さらには活動の幅を広げ、知財情報をベースとする連載執筆など、知財アナリストの知見を活かした業界動向分析を多分野にわたり行っている。現在では、下記のような情報発信だけではなく、「企業活動に役立つ、知的財産に関わるコンサルティング活動」にも取り組んでいる。

 

 受講料(税込)

 

54,000円(本体50,000円+税4,000円)※資料・昼食付

2名同時申込みで1名分無料キャンペーン!(1名あたり定価半額の27,000円 

 

 プログラム

 

 第1部(10:30~12:00)
「多感覚情報を圧縮するクロスモーダル知覚とその活用」

― 東京大学 大学院情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 講師 鳴海 拓志 
 

 狙い通りの触覚・触感をつくるためのアプローチとして,昨今注目を集めているのがクロスモーダル知覚を活用するインタフェースである.クロスモーダル知覚とは,「ある感覚における知覚が同時に受け取る異なる感覚刺激の影響を受けて変化して知覚される現象」である.このクロスモーダル知覚はさまざまな感覚の間で起こり,これらを活用すると触力覚提示,嗅覚提示,味覚提示など,多様な五感情報提示を簡略化されたシステムで実現できることが示されてきた.特に,視覚・触覚間には強く効果の発生する錯覚・融合現象が観察されることが古くから知られている.

 本講演では多感覚情報を圧縮できるというクロスモーダル知覚の特性を活用して触覚・触感を提示するインタフェースについて,いくつかの研究事例を中心に紹介するとともに,そうして提示される触覚・触感の変化がユーザの行動やユーザが抱く印象にまで影響を与えられることを述べ,クロスモーダルな触覚提示手法の応用の展望を紹介する.

 

プログラム:
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

1.クロスモーダル知覚と触覚・触感

2.クロスモーダル知覚を利用した触力覚の提示

3.Pseudo-haptics を活用した空間知覚の操作

4.Pseudo-haptics で情動に訴えかける

5.触覚・触感の提示から触体験全体のデザインへ

 

□ 質疑応答 □

 

 

第2部(13:00~14:10)
「複合現実空間における痛覚・温冷覚提示技術

― 立命館大学 情報理工学部 メディア情報学科 特任助教 橋口 哲志 

 

 複合現実空間(Mixed Realty; MR)では現実空間に仮想物体を実時間に継ぎ目なく融合する.よって,このMR技術では本物の触感を得つつ,そこに視覚的にのみ電子的なデータを重ね合わせることができる(以降,「MR型視覚刺激」と呼ぶ).このとき,単純に触覚のイメージに準ずる仮想物体を重畳描画することで,触感のリアリティが向上する.一方,意図的に触覚刺激と異なる位置に仮想物体を同時に提示することで,触覚の知覚位置が視覚刺激の方へ転移する.このように,刺激素子による提示部に任意の仮想物体を重畳描画することで,刺激の強調及び提示位置の補完を図ることができる.

 この視触覚相互作用は,触覚刺激の中でも明瞭な刺激である痛覚や,曖昧な感覚である温冷覚において,特に活用することできる.なぜなら,痛覚は広範囲に提示するには提示素子の個数が増え過ぎないように提示箇所を補完する必要があり,一方,温冷覚は正確な位置に知覚されるため刺激箇所を強調する必要があるからである.

 そこで,本稿演ではMR型視覚刺激が痛覚・温冷覚の知覚位置に与える影響について報告する.

 

プログラム:
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

1.はじめに
 ・複合現実空間について
 ・複合現実空間と触力覚(これまでの研究事例)

2.MR型視覚刺激が痛覚の知覚位置に与える影響
 ・痛覚について
 ・実験システムについて
 ・実験方法
 ・実験結果

3.MR型視覚刺激が温冷覚の知覚位置に与える影響
 ・温冷覚について
 ・実験システム
 ・実験方法
 ・実験結果

4.まとめ

□ 質疑応答 □

 

 

第3部(14:20~16:00)
「触覚・触感インタフェースにおける特許・ライセンス動向
 」
 ~Immersion Corporationに学ぶ:企業成長戦略/知的財産戦略~

― 知財コンサルタント&アナリスト  菅田 正夫 氏 [元 キヤノン(株)]
 

 「局在した感覚器のない感覚」のすべてが触覚であり、視覚・聴覚に次ぐ、第3の情報伝達手段として注目されている。ただし、事業や製品への適用を考え、それらで何らかの利益を得ようとすると、知財面での障壁に気付く。具体的には、米国・Immersion Corporation(以下、Immersion社)の取り組みである。振動で触覚を発現しようとすると、だいたいImmersion社の特許に引っかかる とまで、大学の研究者に言わせしめる状況にある。

 

 そこで、本講演では振動で触覚・触感インタフェースを実現する、Immersion社の特許出願・ライセンス動向に注目し、彼らの取り組みやその狙いを考察する。書籍執筆*) 後に公開された、各種資料やPress Release、さらには出願特許も​ふまえ、触覚・触感インタフェースの普及状況と今後の動向を紹介する。Immersion社 の特許出願戦略やライセンス戦略の分析結果を紹介するだけでなく、触覚・触感インタフェースの今後の展開領域と考えられる、VR(Virtual Reality)/AR(Augmented Reality)への取り組みも俯瞰する。


 本講演が、Immersion社の知的財産に対する取り組みを学び、今後の自社知的財産戦略への活用をも考える機会となれば最良である。

 

 プログラム:
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

1.はじめに
2.触覚技術がもたらすものは何か?
3.Immersion Corporation:特許保有状況
  ~1993年の設立以来2500件超(登録&出願中)
4.Immersion Corporation:事業展開の進め方

  ~「イノベーション⇒認知⇒収益化⇒普及」のサイクル
5.Immersion Corporation:ライセンス状況
  ~モバイル、ウェアラブル、ゲーム、自動車、VR/AR
6.Immersion Corporation:VR/ARへの取り組み
  ~VRへの布石、成長するAR市場への取り組み
7.Immersion Corporation:競合技術も登場

  ~超音波を利用する触覚・触感インタフェースの台頭
8.まとめ
  ~Immersion Corporationに学ぶ:企業成長戦略/知的財産戦略

 

□ 質疑応答 □

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ