製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

3/29【セミナー】ダイ塗布プロセスの欠陥メカニズム・課題と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
樹脂・ゴム、高分子、複合材料 表面・界面、接着、コーティング、表面加工 生産・製造施設、設備  / 2018年02月14日 /  化学・樹脂 繊維・紙・パルプ 試験・分析・測定
イベント名 ダイ塗布プロセスの欠陥メカニズム・課題と対策
開催期間 2018年03月29日(木)
13:00~16:30
会場名 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO) 6F D会議室
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/st/cont/id/16430
お申し込み期限日 2018年03月28日(水)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

代表的な8種の塗布欠陥の発生メカニズムと対策・対応力を養う

★ ダイ塗布は操作できる塗工条件に制約があり、それを越えると欠陥を生じます。
★ ダイコーティングにおける代表的な塗布欠陥を理解し、対策をできるようにしよう!

 

講師

 

 元・富士フイルム(株) フェロー 宮本 公明 氏 【上席化学工学技士】
【化学工学会 SCE・Net 幹事】

 

 受講料(税込)

 

43,200円(本体40,000円+税3,200円)※資料付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円

 

 趣旨

 

  近年ダイを用いた塗布は、塗工精度や繰り返し安定性に優れ、全量塗布できることなどからポピュラーになってきている。しかしながら、ダイ塗布では操作できる塗工条件に制約がありそれを越えると欠陥を生じる。
 このような塗布現象を理解するためには、粘度、表面張力、分子間力(濡れ性)といった塗布液物性や、現象の発生メカニズムを理解することが必要である。また、このような知見を実務上極めて重要な欠陥対策に活かすことで、ダイ塗布のみならずロール塗布、ブレード塗布などにも共通する塗布欠陥発生メカニズムに対応できる。さらには、欠陥の主原因を変更せずに副次要因の組合せで解決することも可能な場合がある。
 本講では種々の欠陥の発生メカニズムを明らかにするとともに、それぞれの欠陥に対していろいろな解決策を明らかにする。

 

 プログラム

 

<得られる知識・技術>
※ 塗布液物性の意味、効果と測定法の基礎知識を得られます。
※ ダイ塗布の特徴やスロット、スライド、カーテン塗布の最大/最小塗布量の計算方法と発現メカニズムを理解できます。
※ ダイ塗布を応用した粒子分散物塗膜の構造形成や親水撥水パターニングによるパターン形成の例を紹介することで、実際の現象のメカニズムをどのように解析していき、どのような知見を得たかを例示します。
※ 代表的な8種の塗布欠陥カテゴリーについて発生メカニズムと対策例から類似のトラブルへの対応力を養うことができます。

<プログラム>
1.塗布って何だろう?
  ~関連する塗布液物性

2.ダイ塗布の特徴は塗布量定量性
  ~種々の塗布方式の比較とダイ塗布の基本

3.粘度の定義は剪断応力の比例定数だけではない!
  ~粘度、非ニュートン性の塗布に現れる意味と測定方法

4.表面張力の定義は液面の張力だけではない!
  ~表面張力やその動的値の意味と測定方法

5.分子間力が濡れ性を決める!
  ~分散力成分の測定と気液の接触角の推算

6.種々のダイ塗布方式は一つのファミリーだが・・・

7.ダイ塗布膜厚の制約
  ~スロット塗布、スライド塗布、カーテン塗布の最大・最小膜厚

8.ダイ塗布方式の分類
  ~ダイ塗布方式には3種類しか存在しないことが証明できる!

9.粒子分散液の塗布
  ~プリンテッドエレクトロニクスでは粒子の好ましい配向制御が必要!

10.親疎水パターニングへの応用
  ~表面間力による流動

11.欠陥の特徴付け
  ~塗布欠陥の対策は、差別点による特徴付けから!

12.リビング
  ~ほとんど全ての塗布方式で発生する!~

13.空気同伴
  ~全ての高速塗布での問題~

14.レベリング
  ~支持体の凹凸が解消できなければ! 

15.段ムラ
  ~原因はさまざま!~

16.風ムラ
  ~要因効果に着目!~

17.ウィーピングとリブレット

18.スジ
  ~発生箇所もさまざま!~

19.ハジキ
  ~分子間力の仕業ではあるが・・・~

 

  □ 質疑応答 □

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ