製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

6/19【セミナー】熱可塑性CFRPの材料・成形・異種材接合の最新技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
イベント名 https://www.science-t.com/st/cont/id/16456
開催期間 2018年06月19日(火)
10:00~17:00
会場名 東京・港区芝 三田NNホール&スペース スペースD
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2018年06月18日(月)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

 

要素技術の大概論と欧州の技術・応用開発の最新動向
フッ素化技術による物性改善と異種材結合への応用
<実演付き> 金属との接合技術まで!


熱可塑性CFRPの最新技術を内容盛りだくさんでお届けします!

 

近畿大学・西籔氏の講演では、量産化に向けて必要となる技術や考え方を最新動向を交えて考察&解説
JEC World2016~2018における技術動向の変遷 を振り返り、今後の技術・用途開発の方向性を探ります。

 

第2部では、旭硝子・細田氏より、フッ素化技術による熱可塑性CFRPの物性改善(ポリアミドを例に低吸水性化や耐衝撃性向上)さらには難燃性向上や、異種材結合技術への応用まで!解説頂きます。

 

第3部では、大成プラスの成富氏より、熱可塑性CFRPと金属との接合技術 について、ロボットと射出成形機を融合させた新規接合工法を、セミナー会場に装置を持ち込み、「実演付き」で解説頂きます。

 

講師

 

第1部 近畿大学 理工学部 機械工学科 教授 西籔 和明 氏

 

第2部 旭硝子(株) 化学品カンパニー 戦略本部 開発部 プロジェクト推進室

    複合商品グループ 細田 朋也 氏

 

第3部 大成プラス(株) 会長 成富 正徳 氏

 

 受講料(税込)

 

54,000円(本体50,000円+税4,000円)※資料・昼食付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の27,000円

 

 プログラム

 

第1部 熱可塑性CFRPの量産化に向けた製造技術と応用開発の最新動向

【趣旨】
 近年、輸送機器の軽量化を目的に、鋼から軽金属、さらに樹脂化へ材料代替が積極的に進められています。特に、軽くて強いというキャッチフレーズで、炭素繊維で強化したプラスチック(CFRP)に大きな注目が集まっており、旅客機に加え量産車への採用が始まっています。しかし、材料および製造コストが高く、その用途拡大は容易なことではありません。
 欧米が先行しているCFRPに未来はあるか?参入すべきかどうか?CFRPにおける我が国の強みと弱み何か?CFRPの量産・再利用において熱可塑性CFRPは有用か?CFRPを安く提供するには?ガラス繊維はどうか?金属とCFRP、金属と樹脂との接合はどうか?マルチマテリアル化に必要な接合とは?軽量化コストやリサイクル、CFRP製品設計技術と人材など、課題が山積しています。
 本講座では、熱可塑性CFRPの材料や特性、量産化のための様々な製造技術、さらに熱可塑性CFRP特有の融着接合法について、欧州での最新事例と演者らが行った産学連携による研究開発事例を紹介し、今後の熱可塑性CFRPの用途拡大への解決策と自動車産業におけるCFRPの近未来を予測します。

 今回は、特に欧州での最新事例として、2016年から2018年にパリで開催された世界最大規模の複合材料に関する展示会(JEC World 2016,2017,2018)の話題とその変遷に加え、2016年6月にミュンヘンで開催された欧州複合材料学会(ECCM-17)および2016年10月にブレーメンで開催された熱可塑性CFRPの国際会議・展示会(ITHEC2016)会議で発表された最新の研究成果をわかりやすく紹介し、欧州でのCFRPの勢いと移り変りをお届けします。

 

【得られる知識】
 ・CFRPの特徴と熱硬化性CFRPの最近の用途開発事例
 ・熱可塑性CFRP材料および製品の製造法と最近の用途開発事例
 ・欧州の先進的な熱可塑性CFRPのための製造技術および装置
 ・熱可塑性CFRPの低コスト量産化のための材料と多様な製造技術
 ・CFRPの用途拡大への課題

 

【プログラム】
<第1講>
1.なぜ熱可塑性CFRPか?
  〇 CFRPとは?利点と欠点
  〇 最近の熱硬化性CFRPの用途事例
  〇 熱可塑性CFRPが注目される理由
  〇 これまでの熱可塑性CFRPとの違い
  〇 熱可塑性CFRPの用途拡大を阻む理由

2.熱可塑性CFRP材料とその製造法
  〇 熱可塑性樹脂の種類とその特性
  〇 熱可塑性CFRP材料の製造方法
  〇 成形性を改善する材料
  〇 熱可塑性エポキシ樹脂の特長

3.様々な熱可塑性CFRPの製造法
  〇 熱可塑性CFRPのためのヒーター
  〇 加熱プレス成形
  〇 ハイブリッド射出成形
  〇 自動テープ/ファイバ積層成形
  〇 引抜き成形
  〇 3Dプリンタ

4.様々な熱可塑性CFRPの融着接合技術
  〇 熱硬化性と熱可塑性CFRPの接合法の違い
  〇 熱可塑性CFRPの融着接合法の種類
  〇 高周波誘導融着接合法
  〇 超音波式融着接合法
  〇 電気式融着接合法

5.熱可塑性CFRPの再利用とマルチマテリアル化
  〇 再生材の加熱圧縮・加熱プレス成形
  〇 再生材の押出成形
  〇 マルチマテリアル化
  〇 金属と熱可塑性CFRPのハイブリッド化

<第2講>
6.欧州での熱可塑性CFRPの最新技術動向
  〇 JEC World 2016展示会での話題
  〇 ECCM-17国際会議での研究紹介
  〇 ITHEC2016会議での研究紹介
  〇 JEC World 2017展示会での話題
  〇 JEC World 2018展示会での話題
  〇 JEC WORLD 2016~2018の変遷
   <プリフォーム技術>
     ・ 2016 テキスタイル・プリフォームから,テーラード・プリフォームへ
     ・ 2017 テーラード・プリフォームから,テープ・プレイスメントへ
     ・ 2018 テープ・プレイスメントから,ファイバ/パッチ・プレイスメントへ
   <成形技術>
     ・ 2016 RTM成形から,テキスタイルHP-RTMへ
     ・ 2017 テキスタイルRTM成形から,異種材接合へ
     ・ 2018 異種材接合から、SMCおよび連続成形へ
   <製造装置>
     ・ 2016 プレス・射出単能機から,ハイブリッド成形装置へ
     ・ 2017 ハイブリッド成形装置から, 材料-製品自動製造システムへ
     ・ 2018 材料―製品製造システムから,完全自動製造検査システムへ
   <材料>
     ・ 2016 カーボンから,CFRPへ
     ・ 2017 CFRPから,マルチマテリアルへ
     ・ 2018 マルチマテリアルから,Light-Weight材料へ
   <用途>
     ・ 2016 航空機から,量産車へ
     ・ 2017 量産車から,普及車へ
     ・ 2018 普及車から,+インフラへ

 □質疑応答・名刺交換□

 


第2部 フッ素化技術によるエンジニアリングプラスティック
    および炭素繊維強化プラスティックの改質技術と異種結合への応用

【趣旨】
 熱硬化性樹脂を用いたCFRP(CFRTSとも呼ぶ)は、成形時間の長さや、二次加工、リサイクルが困難な点など、課題も存在しているため、自動車業界を含むより広範な用途に向け、熱可塑性樹脂をマトリックス樹脂として用いた炭素繊維強化プラスティック(CFRTP)の開発が進められている。AGC旭硝子で開発したフッ素技術によるエンジニアリングプラスティック、炭素繊維強化プラスティックの改質技術は、AGC独自のフッ素技術と他の素材を「複合化」する技術であり、様々な素材に適用することができる。
 そこで本講座では、フッ素技術によるエンジニアリングプラスティックの改良について紹介し、更にはCFRTPの改質技術や異種結合への展開について紹介する。

 

【得られる知識】
 ・AGC独自のフッ素技術と他の素材を「複合化」する技術
 ・金属と炭素繊維複合材料(CFRTS又はCFRTP)間の異種結合の接着技術

 

【プログラム】
 1.AGC独自のフッ素技術によるエンジニアリングプラスティック、CFRTPの改質技術
   1.1 ポリアミド樹脂を事例としたエンジニアリングプラスティックの改質技術
     ・低吸水化、耐衝撃性向上
   1.2 ポリアミド樹脂を事例としたCFRTPの改質技術
     ・CFRTP成形品の各物性の傾向
 2.異種結合への応用
   2.1 改質フッ素樹脂と他基材との接着事例紹介
     ・他基材として各種金属や有機基材との接着
     ・炭素繊維複合材料(CFRTS又はCFRTP)の難燃性向上技術
   2.2 金属と炭素繊維複合材料(CFRTS又はCFRTP)間の異種結合の接着技術

 □質疑応答・名刺交換□

 


第3部 熱可塑性CFRPと金属の接合技術(仮) ~成形機実演付き~

【趣旨】

CFRPには熱硬化性樹脂を用いるCFRTSと、熱可塑性樹脂を用いるCFRTPの2種類があり、成型工数・リサイクル・コスト等の問題からCFRTPに向かって動き始めている。カーボン繊維をつなぐ最適なマトリックス樹脂の開発や長繊維で成型する工法および設備の開発が進展している。
しかし出来上がった成型物は組み付け部品が大半であり、その締結部には金属部品を介して摺動させるか締め付けることになる。金属部品と組み合わされたCFRTP部品は金属部品との接合強度で部品強度が評価されることになり、接合強度の品質保証に注目が集まっている。また、そこには電蝕についても対策が必要である。
本講座では実際に射出成型機を会場に持ち込んでCFRTPと金属の射出接合成型を御覧に入れる。

 

【プログラム】
1.射出成型で樹脂と金属が接合する為の金属表面処理

2.射出成型機のご紹介 ―(株)ジェーエヌエル 桑原洋介

3.これからの展開

 □質疑応答・名刺交換□

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • ニュース
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ