製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

9/12【セミナー】深刻化するプラスチックによる海洋汚染問題と今後期待される生分解性プラの現状と将来展望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
環境材料 樹脂・ゴム・高分子系複合材料  / 2018年07月10日 /  環境 化学・樹脂 繊維・紙・パルプ
イベント名 深刻化するプラスチックによる海洋汚染問題と今後期待される生分解性プラの現状と将来展望
開催期間 2018年09月12日(水)
10:30~16:30
会場名 東京・品川区大井町 きゅりあん 4F 第1グループ活動室
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/hall/16431.html
お申し込み期限日 2018年09月11日(火)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

 

― 世界的に押し寄せる法規制の荒波の中で―

 

使い捨てプラ容器の規制の動きが世界的に強まり、日本でも「プラスチック資源循環戦略」の制定へと動きを見せている中、
真の資源循環型材料として注目が高まる生分解性プラスチックに秘められた可能性とは? 具備すべき特性とは?
法や規制の動きから、生分解性プラの詳細な技術・市場の動向と展望までを一日速習。

 

講師

 

望月 政嗣 氏 (工学博士(京都大学)、高分子学会フェロー)


【専門】高分子材料科学、特にバイオプラスチックや生分解性高分子、高分子の高性能・高機能化材料設計と成形加工技術、繊維・不織布の構造と物性


 1968年京都大学工学部高分子化学科卒。京都大学工学部助手を経て1969年ユニチカ㈱入社、中央研究所から大阪本社技術開発企画室を経て2003年理事、テラマック事業開発部長。この間、山形大学と京都工芸繊維大学客員教授、京都工芸繊維大学バイオベースマテリアル研究センター特任教授兼務、2007年ユニチカ㈱退職後、京都工芸繊維大学繊維科学センター特任教授(常勤)として5年間勤務。この間、日経BP技術賞他受賞、日本バイオプラスチック協会(JBPA)識別表示委員会委員長、(社)繊繊学会理事関西支部長等を歴任。

 

 受講料(税込)

 

48,600円(本体45,000円+税3,600円)※資料・昼食付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,300円)

 

 趣旨

 

 地球上のゴミの終着駅は海洋である。世界中の海洋には自然環境中に捨てられた又は流出した廃棄プラスチックが紫外線や熱、波浪などにより5mm以下に微粉砕化され、多数のマイクロチップとして漂っている。それらは魚や貝、鳥類などの体内からも多数検出され、今や健全な自然生態系の存続自体を危うくする世界的な大問題として浮上してきた。
 このように深刻な事態を受けて、使い捨てプラ容器・包装材の新たな法規制動向が環境先進地域である欧州のみならずインドや台湾などでも、そしてわが国でも来年度を目標に「プラスチック資源循環戦略」が制定されようとしている。
このような背景下で、使用後は生ごみと共に再資源化(堆肥化又はバイオガス化)可能な生分解性プラスチックが地球環境保全と真の資源循環型社会構築のために注目されている。本講では、今後需要急拡大が予想される生分解性プラスチックに関して、上級者のみならず初級・中級者をも対象として、主として植物由来の生分解性プラスチックの現状と将来展望に関して基礎から応用まで幅広く分かり易く解説する。これまで産学両分野で約30年間、ポリ乳酸を中心とする生分解性プラの基礎・応用研究から技術・事業開発までを世界に先駆け成し遂げた講師による渾身のセミナーである。

 

 プログラム

 

<得られる知識・技術>

◇ 地球環境保全と資源循環型社会に向けての法規制動向と基準認証制度について
◇ 生分解性プラスチックの最新技術(材料設計と成形加工)と用途開発動向
◇ 中心素材となる第二世代ポリ乳酸の特徴と期待される改善効果
◇ 食品容器・包装材や農林・土木分野その他の用途・製品・市場開発動向


<プログラム>

1.はじめに…地球環境・資源・廃棄物問題と生分解性プラスチック
 1.1 地球環境・資源・廃棄物問題の抜本的解決のために
   1) 海洋汚染の実態…地中海、南アジア、北極海、琵琶湖、その他海洋に棲む魚、
     貝や鳥たちの体内から無数のマイクロチップ
   2) 地球上に生命が生まれて38億年、地球はなぜ廃棄物で埋もれなかったのか?
   3) 自然界が有する真のリサイクルシステムである炭素循環へのリンク
 1.2 生分解性プラスチックの識別表示と環境負荷低減効果
   1) “グリーンプラ”マーク…日本バイオプラスチック協会(JBPA)識別表示制度
   2) カーボン・フットプリント…LCAによる環境負荷の客観的・定量的評価
 1.3 持続的な資源循環型社会の建設のために
   1) 欧米グリーンガイド指針…biodegradableではなくcompostable
   2) バイオリサイクルによる再資源化 

     …堆肥化(好気性下)とバイオガス化(嫌気性下)
   3) Compostable(堆肥化可能)認証基準
     ① EN13432 by Din Certco ② ASTM D6400 by BPI ③ OK Compost by Vincotte
 1.4 欧州その他のプラスチックや有機廃棄物に関する規制と法制化動向
   1) イタリア…生分解性以外のレジ袋使用禁止、生分解性生ゴミ袋義務化(2014年)
   2) ドイツ…リサイクル法改正、有機廃棄物分別収集の義務化(2015年)
   3) フランス…使い捨てプラスチック容器禁止の新法制定(2020年より)
   4) インド…使い捨てプラ製品の全廃(2022年)
   5) 台湾…ストローやカップ、レジ袋を全廃(2030年)
   6) 日本…「プラスチック資源循環戦略」策定(2019年)

2.生分解性プラスチックの分類と基本特性
 2.1 生分解性プラスチックの分類
   1) 硬質タイプ…ポリ乳酸(PLA):Ingeo®/NatureWorks, Luminy®/Total-Corbion
   2) 軟質タイプ
    ① ポリブチレンアジペート・テレフタレート(PBAT):Ecoflex®, Ecovio®/BASF
    ② ポリブチレンサクシネート(PBS):BioPBS®/PTT MCC
 2.2 生分解性特性
   1) 生分解挙動様式
    ① 自然環境下(土中、水中など)での生分解
    ② バイオリサイクル条件下…堆肥化(好気性下)又はバイオガス化(嫌気性化)
   2) 生分解機構
    ① 酵素分解型(PBS, PBAT)…surface erosion(表面から溶かされていく)
    ② 非酵素分解型(PLA)…bulk degradation(特異的2段階2様式分解機構)
 2.3 安全性/食品衛生性の認証基準…食品衛生法370号、ポリ衛恊、FCN、EU

3.ポリ乳酸(PLA)
 3.1 第二世代PLA…高L組成ポリ乳酸(high %L PLA)(%D<0.5%, Tm=175℃)
   1) D体共重合比(%D)が結晶化速度や熱的・機械的特性に及ぼす影響
   2) 高L組成ポリ乳酸の改良効果…耐熱性、寸法安定性、強度、成形加工性
 3.2 PLAの高性能・高機能化材料設計技術の進展
   1) 耐衝撃性…可塑剤、耐衝撃性改良剤、マルチ機能改質剤
   2) 耐熱性…造核剤、結晶化促進剤
   3) 透明耐熱性…溶解型核剤・結晶化促進剤 
   4) 耐久性(耐湿熱性)…加水分解抑制剤
 3.3 PLAの成形加工と用途・市場開発動向
   1) 成形加工分野…繊維・不織布・モノフィラメント、フィルム・シート、
     真空・圧空成形、射出成形、発泡成形、ブロー成形
   2) 用途・製品・市場開発動向
    ① 食品容器・包装材…青果物容器、使い捨て食器具、リターナブル食器、

      ティバッグ、生ごみ水切りネット
    ② 農林・土木・園芸分野…防草シート、バーチカルドレインシート、
      土嚢、植樹ポット、植栽ネット、シェ-ルガス採掘用目止材
    ③ 生活雑貨分野…エコバッグ、タオル、ワイパー、シュリンク包装・ラベル、

      封筒窓貼り、ブリスターパック
    ④ 耐久性構造材料…電子機器筐体・部品、自動車内装材、ヘルメットライナー、
      3Dプリンター用モノフィラメント

4.ポリブチレンアジペート・テレフタレート(PBAT)系
 4.1 種類と基本特性
   1) ecoflex®(PBAT)…柔軟性(Tg=-35℃)、強靭性、低融点(Tm=110-120℃)
   2) ecovio®…PBAT/PLAのコンパウンド樹脂
 4.2 成形加工分野…ブローンフィルム、射出成形、真空・圧空成形、発泡成形
 4.3 用途…農業用マルチフィルム、林業用シート、生ごみ袋、紙ラミ・コーティング、

     レジ袋、簡易食器具、コーヒーカプセル、PLAやデンプン系生分解性樹脂の改質剤

5.ポリブチレンサクシネート(PBS)系
 5.1 基本特性…柔軟性(Tg=-47~-35℃)、低融点(Tm=84~115℃)
 5.2 成形加工分野

  …ブローンフィルム、シート、モノフィラメント、真空・圧空成形、射出成形
 5.3 用途

  …紙ラミ・コーティング、軟包装、マルチフィルム、林業用シート、モノフィラメント、
   杭、簡易食器具、コーヒーカプセル、ポリ乳酸改質剤

6.その他生分解性プラスチック
 6.1 ポリグリコール酸(PGA)…クレダックス(Kuredux)®/クレハ
 6.2 ポリハイドロキシアルカノエート(PHA)系

  …アオニレックス(AONILEX)®/カネカ
 6.3 デンプン系…マタビィ(Mater-Bi)®/Novamont


  □ 質疑応答 □

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ