製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

9/20【セミナー】徹底理解、プラスチックの成形加工性とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
樹脂・ゴム・高分子系複合材料  / 2018年07月12日 /  化学・樹脂
イベント名 徹底理解、プラスチックの成形加工性とは?
開催期間 2018年09月20日(木)
10:30~16:30
会場名 東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第1講習室
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/hall/16431.html
お申し込み期限日 2018年09月19日(水)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

 

― 成形加工の実際とその分子論的基礎 ―

 

プラスチックが真価を発揮するためには、おざなりにしてはいけない成形加工性を、
実際の現場に即して分子的基礎から添加剤処方まで、徹底解説します。

 

講師

 

望月 政嗣 氏 (工学博士(京都大学)、高分子学会フェロー)


【専門】高分子材料科学、特にバイオプラスチックや生分解性高分子、高分子の高性能・高機能化材料設計と成形加工技術、繊維・不織布の構造と物性


 1968年京都大学工学部高分子化学科卒。京都大学工学部助手を経て1969年ユニチカ㈱入社、中央研究所から大阪本社技術開発企画室を経て2003年理事、テラマック事業開発部長。この間、山形大学と京都工芸繊維大学客員教授、京都工芸繊維大学バイオベースマテリアル研究センター特任教授兼務、2007年ユニチカ㈱退職後、京都工芸繊維大学繊維科学センター特任教授(常勤)として5年間勤務。この間、日経BP技術賞他受賞、日本バイオプラスチック協会(JBPA)識別表示委員会委員長、(社)繊繊学会理事関西支部長等を歴任。現在複数社の非常勤顧問。

 

 受講料(税込)

 

48,600円(本体45,000円+税3,600円)※資料・昼食付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,300円)

 

 趣旨

 

 新規プラスチック素材あるいは組成物の開発において、その性能評価基準として様々な物理的・化学的パラメータが重視されるが、最も軽視され易いのが成形加工性である。研究開始から長年を経て社外求評段階に至り、そこでユーザーから指摘されて初めて気が付くケースが後を絶たない。プラスチックが有用であるためには、その潜在的な性能がいかに優れていても、一定の生産性/コストを満足する成形加工条件・時間内で目標とする一定レベルの性能・機能を発現しなければ用をなさない。
 本講では、一見捉えどころのないプラスチックの成形加工性を、実際の成形加工現場に即して、その分子論的基礎と共に分かり易く解説する。ここでは最も高度な材料設計/成形加工技術が求められる結晶性高分子のポリ乳酸(PLA)を代表例として、その結晶化挙動等に関する基礎的知見をベースに、成形加工性をさらに向上させるための具体的な添加剤処方箋についても論及する。これまで産学両分野で約30年間、ポリ乳酸を中心とする生分解性プラスチックの理想の化学構造と高性能・高機能化材料設計/成形加工技術を求め、基礎・応用研究から技術・事業開発までを世界に先駆け成し遂げた講師による渾身のセミナーである。

 

 プログラム

 

<得られる知識・技術>

◇ プラスチックの各種成形加工法の特徴と特異点
◇ 成形加工性の物理的意味とその分子論的基礎
◇ 結晶性高分子の結晶化挙動と成形加工性
◇ ポリ乳酸の高性能・高機能化材料設計と成形加工技術

 

<プログラム>

1.はじめに…科学と技術の狭間で
 1.1 固と全体の問題
   1) 自然農法主宰者、福岡正信の呟きに耳を傾ける
   2) アカデミアの世界では
 1.2 線形科学から非線形科学へ
 1.3 終生の挑戦者として…究極の高性能・高機能化材料設計と成形加工技術を求めて

2.熱可塑性プラスチック(特に結晶性高分子)の成形加工性とは
 2.1 成形加工の物理的意味…溶融体の室温下への冷却固化・賦形過程における

   ガラス化又は結晶化
 2.2 各種成形加工法と成形加工性支配因子
   1) 溶融押出過程…溶融粘度、溶融張力⇔分子量、架橋密度依存性
    ① 高粘度…押出成形(フィルム、シート)、発泡成形、ダイレクト・ブロー成形
    ② 中粘度…繊維、射出成形
    ③ 低粘度…スパンボンド、メルトブローン、薄肉射出成形
   2) 冷却固化過程…Tg又は結晶化速度⇔冷却速度、変形速度依存性
    ① 室温<Tgの場合…室温下への冷却だけでガラス化 ⇒ Tg 
    ② Tg<室温の場合…室温下への冷却過程で結晶化が必須 ⇒ 結晶化速度:
 2.3 成形加工性改良添加剤
   1) 溶融押出過程…溶融粘度、溶融張力調整剤
    ① 増粘剤…エポキシ基含有反応性改質剤、架橋剤(有機過酸化物)
    ② 流動性改良剤、粘度低減剤…ポリグリセリン脂肪酸エステル(界面活性剤)
   2) 冷却固化過程…結晶化促進剤(第3,4章で詳述)
    ① 不透明耐熱化…分散型造核剤、結晶化速度促進剤
    ② 透明耐熱化…溶解型造核剤、結晶化速度促進剤
  2.4 成形加工法
   1) 押出成形…繊維・不織布、フィルム・シート
   2) 射出成形
   3) サーモフォーミング…熱盤成形、真空・圧空成形
   4) 発泡成形…押出発泡、ビーズ発泡
   5) ブロー成形…ダイレクト・ブロー、インジェクション・ブロー

3.結晶性高分子の結晶化挙動と成形加工性
 3.1 成形加工工程における結晶化の分類
  1) Melt Crystallization(メルトから室温下への降温冷却過程における結晶化)
    …押出成形、射出成形、ダイレクト・ブロー成形
  2) Cold Crystallization(室温からの加熱昇温過程における結晶化)
    …真空・圧空成形、発泡成形、インジェクション・ブロー成形
 3.2 等温結晶化挙動
  1) 結晶化速度式G=G0exp(-ED/RT-KTm/RT(Tm-T) の物理的意味
   ① 第一項:セグメントの拡散過程…温度と正の相関
   ② 第二項:核形成過程…温度と負の相関
  2) 最も結晶化速度の速い結晶化温度Tc(Tg < Tc <Tm)の検出法
  3) 結晶化速度パラメータ…ts, t1/2, te, kの算出法 
 3.3 非等温結晶化…冷却速度が結晶化温度や結晶化度に及ぼす影響
 3.4 結晶化速度を支配する因子
  1) 一次構造…共重合比
  2) 分子量
  3) 造核剤や結晶化促進剤
 3.5 結晶化速度が遅い場合に顕在化する問題点
  1) 冷却・固化未達…Tg<室温の場合、ゴム状態のままで粘着感残留
  2) 耐熱性不足:低い熱変形温度
  3) 力学的特性…低強度、低弾性率
  4) 寸法安定性不良…高い熱収縮率
  5) 成形サイクル…遅延
  6) 二次結晶化…室温放置下での経時変化(形状、物性)
 3.6 ケース・スタディ…微生物ポリエステル(PHA)系
  最も古い歴史と豊富な研究実績を誇る微生物ポリエステル系(β-オキシ酸の重縮合体)

  が、これまで世界中の数多くの一流企業が参入と撤退を繰り返し、40年後の今日でも

  未だ本格的に事業化されない理由とは?

4.成形加工性改良添加剤…代表例として、ポリグリセリン脂肪酸エステル(PGFE)
 4.1 基本特性…疎水性高分子系界面活性剤
 4.2 一次構造の分子設計…重合度、脂肪酸炭素数、エステル化度
 4.3 マルチ機能改質剤としてのPGFE
  1) 分散安定剤→固体フィラー分散性向上効果
  2) 流動性改良剤→溶融粘度、混錬・押出しトルク低減効果
  3) 可塑剤・耐衝撃性改良剤→可塑化・耐衝撃性向上効果
  4) 結晶化促進剤→耐熱性(透明耐熱性を含む)向上効果
 4.4 ポリ乳酸(PLA)成形品への応用事例(Tg, Tmは不変)
  1) 射出成形と真空成形…耐熱性と耐衝撃性、成形加工性の同時改良
  2) 真空成形における透明耐熱化の潜在的可能性


  □ 質疑応答 □

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ