製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
イベント

10/22【セミナー】<ヒット化粧品開発に向けて>継続使用に繋げる使用感の解析・官能評価の活用例とターゲット別の賦香・商品差別化事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
化粧品 開発・マーケティング ヘルスケア 感性工学・官能評価  / 2018年08月10日 /  試験・分析・測定
イベント名 <ヒット化粧品開発に向けて>継続使用に繋げる使用感の解析・官能評価の活用例とターゲット別の賦香・商品差別化事例
開催期間 2018年10月22日(月)
10:30~16:30
会場名 東京・品川区大井町 きゅりあん 6F 中会議室
会場の住所 東京都
地図 https://www.science-t.com/hall/16431.html
お申し込み期限日 2018年10月19日(金)16時
お申し込み受付人数 30  名様
お申し込み

 

~化粧品感性価値の考察・定量化と創造型官能評価の戦略的活用~
~ターゲットや製品に応じた香りの選択/評価と競合製品との差別化事例~

 

 第1部:
「継続使用を促すための使用感の解析とマーケティング視点による官能評価の活用」

 第2部:
「ターゲットや製品に応じた賦香と商品差別化への取り組み 」
 ~年代・性別・環境の違いなどにおける「好まれる香り」と競合製品との差別化事例~」

【ここがポイント】
■継続使用を促す使用感の特性・感性価値の紐解き
■感性価値づくりに必須な創造型官能評価の構築・効果的な活用法
■香りで商品差別化を図るポイント、付加価値の付け方
■人種・年齢層や感じ方/個人差をふまえた香りの評価

 

講師

 

第1部:10:30~13:00
「継続使用を促すための使用感の解析とマーケティング視点による官能評価の活用」
 
(株)日本オリエンテーション SDP研究所 客員主席研究員 高橋 正二郎 氏

 

 

第2部:14:00~16:30
「 ターゲットや製品に応じた賦香と商品差別化への取り組み 」
 ~年代・性別・環境の違いなどにおける「好まれる香り」と競合製品との差別化事例~

 

元 ポーラ化成工業(株)横浜研究所 スキンケア開発チーム(香料担当) 佐藤 孝 氏

 

 受講料(税込)

 

48,600円(本体45,000円+税3,600円)※資料・昼食付
キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,300円)

 

 プログラム

 

第1部(10:30~13:00)
『継続使用を促すための使用感の解析とマーケティング視点による官能評価の活用』

【主旨】

 スキンケア化粧品の効果は継続使用によって始めて得られることから、継続使用を促す使用感はスキンケアの生命線ともいえる重要な特性です。一方、化粧品は嗜好品であり、多くの感性価値のハーモニーによってお客さまの嗜好に応えており、そのハーモニーの中心が使用感でもあります。まさに、使用感は効果と嗜好を支えるスキンケア化粧品の中心的な価値であり、使用感を記述や議論に導くツールである創造型官能評価は使用感の向上に必須であり、より効果的な戦略的活用が望まれます。
 本講座では、スキンケア化粧品の使用感の特性、価値から紐解き、記述法もしくは議論のツールである創造型官能評価の構築から実際的な活用を実例をあげて解説します。


1.化粧品の使用感
 ①化粧品の定義と継続使用の三段論法
 ②継続使用を促す使用感の価値の考察
 ③化粧品の感性価値の構造

2.商品の価値構造と感性価値
 ①商品における感性価値の考察
 ②感性価値による商品価値の支援と感性価値優位商品
 ・高性能商品のデザイン
 ・飲料や酒類などの嗜好性商品

3.化粧品の使用感の考察と記述法
 ①化粧品九層倍をめざす感性価値による価値構成
 ②使用感の意味・価値の再考
 ・連用を促す →     化粧品の効果を高めるための機能
 ・コミュニケーション → 使用感そのものが価値
 ・しっとり感よりのび → 長いこと使い込んだ人がわかる価値
 ③使用感や心地よさの記述、検討の方法
 ④創造的官能評価の超促成入門
 ・科学的測定法としての官能評価
 ・感性価値づくりに欠かせない創造的官能評価

4.感性価値の定量化、視覚化を実現するQDA
 ①創造的官能評価の担い手QDA
 ・客観的な記述としての定量化
 ・検討や議論の強力なツールとなる視覚化
 ②創造的QDAの作成法
 ・ことばの選定
 ・尺度の構成
 ・具体的実施例

5.使用感や心地よさの向上をめざした官能評価の活用
 ①他の市場におけるQDAの活用法
 ②設計の場での活用による使用感の心地よさの向上
 ・継続使用につながるお客さまの支持する使用感の把握
 ・使用感の商品設計への反映
 ・訴求、および既存商品や「できちゃった商品」の情報再開発
 ③官能空間上での使用感と心地よさの時系列考察

 □質疑応答・名刺交換□
 



第2部(14:00~16:30)
『ターゲットや製品に応じた賦香と商品差別化への取り組み 
 ~年代・性別・環境の違いなどにおける「好まれる香り」と競合製品との差別化事例~』


【主旨】
​商品開発時の要素の一つ「香り」をテーマに取り上げ、具体的な賦香実例を演者の経験を交えて紹介する。
香りで商品差別化を図るポイントとは?香りにおける感じ方と個人差をふまえた評価や、人種・年齢層などによる各特徴をふまえた好まれる香り、香りにおける付加価値の付け方とは?
具体的な賦香実例を演者の経験を交えて紹介しながら、実戦に向けてのヒット商品開発に繋がる賦香(香り)開発の一助とする。 


●香りを感じさせる前に
●香りの表現(分類表現)
●香りの構成表現
●香料の安全性について
●香りの場合高級感を感じる個人差が大きい
●高級感の香りとは。
●個人(顧客)の体験、興味、価値観による高級感のイメージの差異
●どのような香りが高級感を表現できるのか
●年齢層による高級感の違い
●柑橘系の香り(オレンジ・レモン・シシリー産レモン)
●フルーツの香り
●香水の支持率
●香りにおける、人種性による食文化の違い
●香り・ニオイに関する意識調査
●実際の賦香に見る化粧品の香り
●最近の注目される化粧品の賦香例
●天然由来化粧品の実際の賦香
●天然由来化粧品の香りの注意点
●フレグランス、アロマテラピー、ポプリの違いと共通性
●注目される天然由来化粧品の香り
●天然由来化粧品の香りの特徴と分類 
●天然由来化粧品の香りと実例
●香りそのものではなく、素材に付加価値を持たせる
●香りに見る最近の社会現象

 □質疑応答・名刺交換□

 

━━━━━━━━━━━━◆キャンペーンについて◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪お申し込み方法≫

 お申し込みページ一番上の連絡事項欄に「2名同時申込み」希望の旨と、

 2人目の受講者様の情報(お名前・メールアドレスは必須)をご入力ください。

 住所等が申込者様と同一の場合は、省略いただいて結構です。

・2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。詳細は別途ご連絡いたします。

・同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。

・3名様以上でお申込みの場合、3人目以降は定価の半額で受講できます。

・受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。

・請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。ご希望の場合はお知らせください。

・他の割引は併用できません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------------------------

○お申し込み後、サイエンス&テクノロジーより確認のご連絡を差し上げます。

○受講料は銀行振込、または当日会場にて現金でお支払いください。

○お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以前でのキャンセル: キャンセル料はいただきません

・開催3~6日前でのキャンセル: 受講料の70%

・開催当日~2日前でのキャンセル・欠席: 受講料の100%

※受講料入金後での7日前以前のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

※お申し込み詳細についてはQ&Aにも掲載しております。

  • HOME
  • イベント セミナー
  • 製品・技術 技術書籍
  • Q&A
  • 会社概要
  • お問い合わせ
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ