製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
住野工業株式会社
製品・技術

精密プレス加工|自動車構造用熱間圧延鋼板(SAPH370)素材でのプレス加工はお任せ下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
加工可能な素材一覧  /  自動車 鉄/非鉄金属 物流・搬送

プレス加工性が優れ、自動車のフレーム、車輪などに最適
自動車構造用熱間圧延鋼板(SAPH370)

 

 

住野工業(株)では、自動車構造用熱間圧延鋼板(SAPH370)素材の精密プレスを行っており、SAPH370素材での部品製作実績が多数あります。

 

 

自動車構造用熱間圧延鋼板(SAPH370)
(規格番号:JIS G 3113)

種類の

記号

引張強さ(N/mm2) 降伏点又は耐力(N/mm2) 伸び(%)
6未満(mm)

6以上

8未満(mm)

8以上14未満(mm)

1.6以上2.0未満(mm)

2.0以上2.5未満(mm) 2.5以上3.15未満(mm)

3.15以上4.0未満(mm)

4.0以上6.3未満(mm)


6.3

以上(mm)

SAPH370

370以上

225

以上

225

以上

215

以上

32以上 33以上 35以上 36以上 47以上

25

以上

 

 

自動車構造用熱間圧延鋼板(SAPH370)の特徴・用途
●SAPH370は強度に優れ、プレス成型品に適しています。


●SAPH370は自動車フレームや車輪などの精密プレス製作にご利用いただけます。



自動車用加工性熱間圧延高張力鋼板(SAPH370)以外にも、いろいろな素材の深絞り、精密打ち抜き、精密プレス加工などを行っております。

「こんな精密プレスできるの?」「こんな精密プレスしてほしい」など、SAPH370以外の素材でもお客様のご要望にお応えします。お気軽にお問い合わせ下さい。