製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
三次元測定機&データ処理ソフトウェアをご提案
ポータブルタイプ~大型サイズまで、貴社に合わせた三次元測定機をご提案。カスタマイズも可能です!
イベント

形状・寸法検査ソフト「PolyWorks2017」バージョンアップセミナー(名古屋会場)開催のご案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
イベント ソフトウェア  / 2017年08月01日 /  自動車 産業機械機器 試験・分析・測定
イベント名 PolyWorks2017 バージョンアップセミナー(名古屋会場)
開催期間 2017年09月04日(月) ~ 2017年09月05日(火)
13:00 ~16:45
会場名 ウィンクあいち
会場の住所 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
地図 http://www.winc-aichi.jp/access/
お申し込み期限日 2017年08月30日(水)17時
お申し込み受付人数 50  名様
お申し込み

   

 

 

 

形状・寸法検査ソフト「PolyWorks2017」バージョンアップセミナー(名古屋会場)を開催いたします。

 

 

 

参加資格

 PolyWorksをご使用中のユーザー様

 3次元処理ソフトをご検討中のお客様

 

 

 日時

 ①2017年9月4日(月)13:00 ~16:45

 ②2017年9月5日(火)13:00 ~16:45

 

  

スケジュール

 12:30 受付開始

 13:00 セミ開始

     新機能紹介 V2015~V2017新機能説明

     既存機能、便利なマクロ紹介

     測定機Plugin機能紹介

     質疑応答(実操作)

  16:45 セミナー終了

 

 

場所

 ウィンクあいち

 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38

 

 

   

主な説明内容

自動検査機能に特化した機能

フィーチャー抽出グループ:

   位置ずれしたデータから適切なデータを選択し、要素作成可能

・エッジ比較ポイント:

   位置ずれしたデータから適切なデータを選択し、要素作成可能

・シミュレーションデータ生成:

   バーチャルで測定データを生成可能、オフライン状態で検査プロジェクトの作成が可能 ・シーケンス:自動検査の処理工程を管理

・フィーチャー最小カバー範囲:要素検査における測定カバー率の定義が可能

  

 

測定結果の確認、また精査に役立つ便利な機能

ControlView:複数ある検査項目を管理し易く改善
・ツリービューオブジェクト測定ステータス表示:ツリー上でOK/NG判定確認可能
・角度距離フィーチャーの表示改善:図面ライクな寸法表記機能
・フィーチャー誤差方向の表示機能:フィーチャー(穴や面など)のズレ量を可視化
・カラーマップテクスチャー:

   カラーマップをCADモデルにテクスチャーマッピングし、見やすく改善

 

 

 

 

様々な便利機能

・選択ツール(孤立選択、データ選択解除):

   データ処理に欠かせない選択ツールの改善と便利な機能
・座標軸ビュー:ビュー方向視点切り替えの簡易化
・測定オブジェクトベストフィット:

   フィーチャーや検査ポイントの要素を用いて簡単に位置合せ処理可能
・データ同士のベストフィット:Inspect内で表裏データ同士を簡単に合成
・2Dフィーチャーベース検査:断面線からの寸法検査が自動化可能

 

 

 

 

便利なマクロ紹介

・パイプ測定:パイプ ベンディングポイント、角度検査を簡易化
・複数データの一括自動検査:複数データを一括で自動検査化
・誤差大ピックアップ:下図参照

※来場者の方にマクロを提供いたします。

 

 

 

既存機能紹介

・DirectReplay
・マクロスクリプトエディタ
・厚み誤差カラーマップ
・隙段差ゲージ最適化
・3DPDF

 

 

 

 

 

 

 

 

測定機Plugin紹介

 

 

 

 

 

 

各方面からのメッセージ

あなたも応援メッセージを書きませんか?

参加ポータル
試験・分析.com
産業機械.com
応援する