製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
テュフラインランドジャパン 最新試験ラボニュース
ニュース

腕時計G-SHOCK (CASIO) の性能試験をテュフ ラインランド ジャパンの試験ラボで行い、その様子が掲載されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
試験・評価 事例紹介  / 2011年10月07日 / 

テュフ ラインランド ジャパンは、テクノロジーセンター(GTAC)で腕時計を始めとした様々な製品の耐久性試験を行っています。この度、雑誌「腕時計王」から腕時計の耐久性試験の依頼を受けました。今回の試験の目的は、落下強度10メートル、防水性能10気圧、電池寿命10年という、いわゆる「トリプル10」を開発思想として誕生したG-SHOCKの性能を実証することです。7月上旬に2日間、耐久性試験を実施し、その内容が「腕時計王」で紹介されました。

 

【耐久性試験内容】
・落下試験:専用機器を使い、370Gの重力加速度を加える。またテクノロジーセンターの屋上(高さ約14メートル)からアスファルト舗装の駐車場に実際に落す試験も実施
・防塵試験:砂粒よりもさらに細かいわずか20ミクロンのタルク粉の粉末が飛散する試験槽の中に約8時間入れるという最上位クラスの試験を実施
・防水試験:毎分100リットルの水を3分間噴射
・加圧試験:60キログラムの加圧をかけ、2秒間停止することを100セット実施
・低温試験:マイナス20℃の低温装置の中に24時間放置

 

これら全ての過酷な試験をG-SHOCKはクリアし、問題なく作動することを証明しました。

 

参加ポータル
試験・分析.com