製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
テュフラインランドジャパン 最新試験ラボニュース
製品・技術

温度衝撃試験(サーマルショック試験)、温度・湿度試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録

温湿度環境の再現

温度衝撃試験・温湿度サイクル試験などの環境試験は、製品の安全性や信頼性を確認するために欠かすことのできない試験です。

温湿度レンジや容積など様々なご要求に対応するため、様々なタイプの恒温恒湿槽(温湿度チェンバー)を保有しています。

温度衝撃試験とは


急激な温度変化(温度衝撃サーマルショック)による製品の評価を行います。異なる温度(高温・低温)に保った2つの恒温槽内を試料が瞬時に移動することにより、急激な環境温度変化を実現するものです。

■関連規格 IEC 60068-2-33、IEC 60068-2-14、ISO 7459

 

温度・湿度試験とは


温湿度を自由に変えることのできる容器(恒温恒湿槽)を用いて、製品が温湿度変化から受けるストレスを模擬し、安全性や耐久性の評価を行います。

■関連規格 IEC 60068シリーズ、IEC 60950、IEC 60335-1、その他

 

■その他、ご要望に応じた試験を行うこともできます。お気軽にお問い合わせください。

 

試験設備の一例

 

温度衝撃試験器(サーマルショック・2ゾーンチャンバー)
温度衝撃試験器
(サーマルショック・2ゾーンチャンバー)

 

高温室温度 最大+150℃
低温室温度 最大-50℃まで
各温度室移動時間 0~5秒
550mm×550mm×550mm(チャンバー内側の寸法)
50kgまで対応可能
恒温恒湿槽(環境チャンバー)
恒温恒湿槽(環境チャンバー)

 

温度範囲 -70℃~+150℃
湿度範囲 20%~98%RH
1000mm×1000mm×1000mm(チャンバー内側の寸法)

 

試験データと証明書の発行

 

技術者による厳密な試験を経て、信頼の証であるテュフロゴマーク付のテストレポート・適合証明書を発行します。

テストレポート

テストレポート

適合証明書

適合証明書

(クリックすると拡大します。)
 
温度衝撃/温度・湿度試験に関する質問や疑問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
製品概要 温度衝撃試験(サーマルショック試験)、温度・湿度試験
特徴 テュフ ラインランド ジャパは、温湿度レンジや容積など様々なご要求に対応するため、様々なタイプの恒温恒湿槽(温湿度チェンバー)を保有し、温度衝撃試験・温湿度サイクル試験などの環境試験を行っています。
製品名・型番等
シリーズ名
製品安全評価・認証
参加ポータル
試験・分析.com