製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
「高温加熱装置」試験片をその場で観察
近赤外線集光で、毎秒100℃の昇温が可能。均一に試料を最高1700℃まで高速加熱・高速冷却。
製品・技術

「中赤外線イメージ炉」高分子材料や有機材料を高均一性加熱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
赤外線加熱装置  /  食品・機械 化学・樹脂

 

 中赤外線イメージ炉の特長

 

中赤外線イメージ炉は、近赤外線イメージ炉に比べ加熱温度は低くなりますが、高い均一性で試料の加熱を行います。

いつ試料が溶け始め、いつ変形し始めたかなど、融解の様子をリアルタイムで観察・確認ができます。

 

中赤外線イメージ炉は、従来の電気炉に比べてランプ加熱の為、早い加熱・冷却が可能です。樹脂、繊維、ゴムといった高分子材料や有機物などの高均一性加熱に最適です。
近赤外線ランプと組み合わせれは、さらに高速な昇温が可能になります。

 

中赤外線とは??

中赤外線はおおよそ2.5~4μmの波長があり、近赤外線の一部とされる場合も

あります。 

赤外線吸収スペクトルでの有機化学物質などの分光分析に利用され、一般的に

赤外線というと、中赤外線をさすことがほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 中赤外線イメージ炉へのお問い合わせ

 

米倉製作所の 中赤外線イメージ炉は、試料サイズなどお客様のご要求に合わせてご相談の上、カスタマイズいたします。

 

  • HOME
  • 製品・技術
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
産業機械.com