製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
「高温加熱装置」試験片をその場で観察
近赤外線集光で、毎秒100℃の昇温が可能。均一に試料を最高1700℃まで高速加熱・高速冷却。
製品・技術

高速加熱・冷却で変化する膨張率を正確に捉える「高速冷却膨張計」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
高速冷却膨張計  /  自動車 鉄/非鉄金属 試験・分析・測定

高速冷却膨張計「IR-DL」は、鉄鋼材などを高速で 冷却した際、その相変態時の結晶構造の変化を膨張率の変化として測定でき る画期的な装置です。

繰り返し精度0.05μmのレーザー式高速変位計を搭載しているので、膨張率 が高速で変化しても正確に変化を捉えることができます。

また、加熱能力が最大1300℃と高温であり、冷却速度を変化させて測定することが容易にできます。

製品概要 変位計 繰り返し精度0.05μm 高速サンプリング可能
試料サイズ 最大φ5×15mm
温度範囲 加熱:50~1300℃
     冷却:1300~400℃
加熱速度 1~1000℃/min(RT~1000℃)
冷却速度 1~3000℃/min(1300~1000℃)
雰囲気 大気中、不活性ガス中、真空中
電源 AC100V30A
冷却水 10L/min 0.15MPa以上


特徴 1.高速サンプリング可能な変位計により高速加熱冷却時の体膨張・収縮を正確に測定できます。
2.IRイメージ炉を使用する為、低速から高速までの加熱冷却が可能です。
  また、真空中での加熱も可能です。
3.より高速な冷却の為に、冷却時にガス吹付を自動で行う事が出来ます。
製品名・型番等
シリーズ名
高速冷却膨張計 IR-DL
価格 600万~
納期 約3か月
  • HOME
  • 製品・技術
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
産業機械.com