製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
株式会社ケミトックス
製品・技術

全固体電池の試作サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
全固体電池  /  試験・分析・測定

全固体電池の試作サービスを開始

ケミトックスでは研究開発用途に全固体電池の試作サービスを開始しました。

社内設備を導入する前に成形条件を検討しておきたい際や、液系電池で使用していた部材を全固体電池で試したい場合など、ご希望の材料・部材を組み合わせて、圧粉方式(最大400MPa以上)でペレット形状の全固体電池を試作します。

試作した電池は、弊社の試験設備や分析装置を用いて、ワンストップで電池の性能評価や不良解析が可能です。
お気軽に弊社の試作サービスをご利用ください。

プレス機 3台

山梨試験センター
KAI
100kN 手動式 試作サイズ:φ12mm 少量の材料で試作
東京第一ビル 200kN 手動式 試作サイズ:φ20mm
200kN 電動式 試作サイズ:φ30mm 大容量の電池開発向け

電気炉 5台

山梨試験センター
KAI
~1150℃ 不活性ガス雰囲気対応
~1500℃ 酸化物系材料の高温焼成に
東京第一ビル ~1050℃
~1150℃ 不活性ガス雰囲気対応 硫化物系材料の合成に
~1500℃ 不活性ガス雰囲気対応 酸化物系材料の高温焼成に

試作実績

ケミトックスでは、LLZO系に代表される酸化物系材料に加え、LPS等の硫化物系材料を用いた全固体電池の試作を行っております。

固体電解質の合成・成形・焼結条件の検討から、蒸着処理、極材の接合を行います。グローブボックスを使用して、大気に触れない環境下(アルゴン・窒素雰囲気)で試作できる設備を整えており、湿気や大気で分解する材料も取り扱い可能です。

試験測定実施例(充放電試験)

試作した電池は、500~1000サイクルを超える充放電サイクル試験を行い、充放電容量と長期サイクル耐性の評価が可能です。
最大20チャンネルまで試験が可能であり、様々な条件で同時に測定を進めることができます。

測定環境は-40℃から200℃に対応しており、充放電電流はnA~mAオーダーの微小電流で測定できます。
材料の限られる開発品に対しても、少量・低コストで評価可能です。

試験測定実施例(充放電測定評価)

ケミトックスでは、全固体電池研究開発用に微小な電流(nA~mA オーダー)で充放電を測定可能なサービスを提供いたします。

通常の試験機では難しいとされていた容量の小さな電池への充放電測定が可能となり、表面実装用の小型バッテリーから、構成材料の限られている全固体電池の研究開発品を対象として、弊社では、より低コストで評価可能となる体制を整えました。

同時に複数の条件で、最大20チャンネルまで充放電測定が可能です。
充放電レート特性・充放電時の温度特性(-40~200℃)・休止状態での自己放電特性など、様々な特性評価と組み合わせて、お気軽にご利用ください。

表面・断面観察実施例

複数の試作条件(プレス圧・焼結条件・組成など)で固体電解質のペレットを作成し、界面の状態や充填率(相対密度)、粒子の分散状態を確認いたします。

SEM(走査型電子顕微鏡)観察と EDX(エネルギー分散型蛍光X線分析)による元素マッピングによって、表面や断面の状態を観察し、電池の開発へ役立てます。

焼結後の固体電解質(表面)のSEM画像

EDXによる元素マッピングの例

お問い合わせ

海外製リチウムイオン電池のご利用をご検討の方など、二次電池の本来の性能を評価いたします。
仕様どおりの性能があるのか、第三者試験機関として公平公正に評価いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術
  • イベント
  • 会社概要
  • 設備紹介
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com