製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製品・技術

≪電池≫「負極材中の元素分布が知りたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
自動車 電子・半導体 試験・分析・測定

 カーボン材料で構成されたリチウムイオン電池の負極材は、充放電により様々な反応物が生成されます。特にカーボン活物質表面の局所的な構造変化を捉えることは、電池性能を大きく左右する重要課題とされています。弊社では、大気中で変質してしまう負極材について、大気非暴露の状態で解体⇒FIBによる薄膜試料作製⇒STEM分析に対応しています。

 また、電子線照射に弱いリチウムやカーボン材料も、低加速電圧STEMと高エネルギー分解能EELS分析の組み合わせで、ナノメートルオーダーのリチウム化合物の分布が可視化出来ます。

 

 

 

 

詳しくは、資料をダウンロードの上、ご覧ください。

 

 

 

製品概要  大気中で変質してしまう負極材について、大気非暴露の状態で解体⇒FIBによる薄膜試料作製⇒STEM分析に対応しています。
 また、電子線照射に弱いリチウムやカーボン材料も、低加速電圧STEMと高エネルギー分解能EELS分析の組み合わせで、ナノメートルオーダーのリチウム化合物の分布が可視化出来ます。
特徴 ・大気非暴露状態での、負極材の解体、FIBによる薄膜試料作製及びSTEM分析
・低加速電圧STEM分析で試料への電子線ダメージを低減
・高エネルギー分解能EELS分析による、ナノメートルオーダーの相マッピング分析
製品名・型番等
シリーズ名
電池の分析試験評価
  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術
  • コラム
  • 試験一覧
  • 会社概要
  • 設備紹介
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
エコ&エネルギーポータル