製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製品・技術

≪電池≫「電解液の組成/反応生成物が知りたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
自動車 電子・半導体 試験・分析・測定

 リチウムイオン電池において、電解液は複数の溶媒と電解質、微量添加剤などから構成されており、充放電を繰り返すことにより、成分の変性や反応生成物が発生するため、劣化の要因を解明する上で非常に重要なパラメーターになります。

 電池の長寿命化などを確立せるために、それら成分の構造や反応機構等を解明する必要があるが、ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)、液体クロマトグラフ質量分析計(LC/MS)、核磁気共鳴装置(NMR)や高周波誘導結合プラズマ法(ICP/AES, ICP/MS)などを用いて、「電解液中の組成や反応生成物を知りたい」というお客様の声にお応えします。

 

 詳細は、資料をダウンロードの上、ご確認ください。

 

製品概要  電池の長寿命化などを確立せるために、それら成分の構造や反応機構等を解明する必要があります。
 弊社では、ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)、液体クロマトグラフ質量分析計(LC/MS)、核磁気共鳴装置(NMR)や高周波誘導結合プラズマ法(ICP/AES, ICP/MS)などを用いて、「電解液中の組成や反応生成物を知りたい」というお客様の声にお応えします。。

特徴 ・充放電前後の有機成分及び無機成分の組成変化を分析することが可能
・充放電することによって、発生した内部ガスを分析することが可能
・電解質イオン(Li)の拡散係数を分析することが可能
・大気非曝露(グローブボックス内)での電池の解体することにより、実機での評価が可能

製品名・型番等
シリーズ名
電池の分析試験評価
  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術
  • コラム
  • 試験一覧
  • 会社概要
  • 設備紹介
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
エコ&エネルギーポータル