製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
   【受託分析サービス】株式会社 クリアライズ
製品・技術

≪自動車≫「摩耗量が知りたい」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
試験評価 材料・素材 自動車  / 2020年11月30日 /  自動車 試験・分析・測定 先端技術

 自動車産業では、車の性能向上に関わる課題解決に摩擦摩耗の問題点の解決が求められる場合が多いと言われます。弊社でも、自動車に関連する様々な部品材や表面処理材の摩擦摩耗試験および評価のご依頼をいただいております。表1に弊社が過去にご依頼をいただきました自動車関連の摩擦摩耗試験評価部品および対応試験機の1例をご紹介いたします。

 また摩擦摩耗評価の1手法に摩耗量の計測があり、その主な手段としまして、天秤による重量測定やノギスやマイクロメーター等の各種計器による寸法測定、表面断面の可視化による形状(凹凸具合)の観察、寸法測定等があります。

 本資料では、表面断面の可視化の1例としまして、レーザー測定器による観察、計測事例をご紹介いたします。

 

 

 

 レーザー測定器を用いた測定により、対象部品や試験片のXY方向(最大100mm)の面範囲のZ方向(最大500μm)の凹形状または凸形状の3D表示や等高線表示などの観察が可能です。

 また特徴的な部分の一断面を指定し、その断面の凹凸形状の状況や寸法などの詳細な観察、

測定も可能です。

 

 

 

 

下欄のボタンからより詳細な情報をPDFデータでダウンロードいただけます。

製品概要  自動車産業では、車の性能向上に関わる課題解決に摩擦摩耗の問題点の解決が求められる場合が多いと言われます。弊社でも、自動車に関連する様々な部品材や表面処理材の摩擦摩耗試験および評価のご依頼をいただいております。表1に弊社が過去にご依頼をいただきました自動車関連の摩擦摩耗試験評価部品および対応試験機の1例をご紹介いたします。
特徴  レーザー測定器を用いた測定により、対象部品や試験片のXY方向(最大100mm)の面範囲のZ方向(最大500μm)の凹形状または凸形状の3D表示や等高線表示などの観察が可能です。
 また特徴的な部分の一断面を指定し、その断面の凹凸形状の状況や寸法などの詳細な観察、測定も可能です。
製品名・型番等
シリーズ名
自動車
  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術
  • コラム
  • 試験一覧
  • 会社概要
  • 設備紹介
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
エコ&エネルギーポータル