製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
   【受託分析サービス】株式会社 クリアライズ
製品・技術

「材料の腐食を評価したい」④

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
試験評価 材料・素材 腐食試験  / 2021年02月19日 /  試験・分析・測定 先端技術

 

クリアライズでは、複数の腐食試験を実施しており、試験前後の材料調査・評価も可能です。当サイトへ訪問いただきました皆様へ4回に分けて保有技術をご紹介いたします。

尚、詳しい資料に関しましては、下欄の「資料ダウンロードページへ」から入手いただくことが可能です。ぜひご覧ください。

 

1)材料及び製品の混合ガス腐食試験

 腐食性ガスの存在雰囲気において、材料や製品の腐食による変化を確認するための

試験です。

 

 4種混合ガス腐食試験

    硫化水素(H2S)  0.1ppm       温 度 :30℃

    二酸化硫黄(SO2) 0.2ppm       湿 度 :70%RH

    二酸化窒素(NO2)   0.2ppm         時 間 :30日間

    塩素(Cl2)       0.02ppm

              

      銅板の腐食試験前後            銀板の腐食試験前後

製品概要 〔材料及び製品の混合ガス腐食試験〕
腐食性ガスの存在雰囲気において、材料や製品の腐食による変化を確認するための試験です。
特徴 ・特長
 試験ガス:硫化水素(H2S)、二酸化硫黄(SO2)、二酸化窒素(NO2)、
      塩素(Cl2)   4種類より 1~4種類を選定
 ガス濃度:0ppb~200ppm任意に設定
 試験温度:25℃~50℃
 試験湿度:60%~95%
製品名・型番等
シリーズ名
腐食試験
  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術
  • コラム
  • 試験一覧
  • 会社概要
  • 設備紹介
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
エコ&エネルギーポータル