製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
   【受託分析サービス】株式会社 クリアライズ
製品・技術

「機械強度を評価したい」③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
強度評価 試験評価 材料・素材  / 2021年02月24日 /  試験・分析・測定 先端技術

 

クリアライズでは、複数の強度評価を実施しており、試験前後の材料調査・評価も可能です。当サイトへ訪問いただきました皆様へ5回に分けて保有技術をご紹介いたします。

尚、詳しい資料に関しましては、下欄の「資料ダウンロードページへ」から入手いただくことが可能です。ぜひご覧ください。

  

1)構造品の振動測定評価

 疲労損傷の原因である振動現象をひずみゲージ・加速度計などで測定することが可能です。

測定したデータを分析することにより、振動周波数(固有振動数)、ひずみ・加速度の大小を

評価することが可能です。

 

 

2)固有振動数測定とモーダル解析

 構造物には、その構造物が持つ固有の共振周波数(固有振動数)があります。この振動数では一旦振動すると減衰し辛く、異常振動や騒音、機器の破損の原因となる場合があります。固有振動数を測定する方法の一つとして、ハンマリング試験があります。

 

 

 

製品概要 〔構造品の振動測定評価〕
疲労損傷の原因である振動現象をひずみゲージ・加速度計などで測定することが可能です。測定したデータを分析することにより、振動周波数(固有振動数)、ひずみ・加速度の大小を評価することが可能です。
〔固有振動数測定とモーダル解析〕
構造物には、その構造物が持つ固有の共振周波数(固有振動数)があります。この振動数では一旦振動すると減衰し辛く、異常振動や騒音、機器の破損の原因となる場合があります。固有振動数を測定する方法の一つとして、ハンマリング試験があります。
特徴 ・特長
構造品の使用環境や振動現象により測定に使用するセンサー(ひずみゲージ、加速度計、集録システム)を選定します。ハンマリング試験での固有振動数測定が可能です。振動台により模擬振動モックアップ試験が可能です。

ハンマリング試験 - 大きな加振装置が不要で現場測定向きな手法
モーダル解析 - 共振周波数における振動形状を可視化できる。
製品名・型番等
シリーズ名
振動試験
  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術
  • コラム
  • 試験一覧
  • 会社概要
  • 設備紹介
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
エコ&エネルギーポータル