製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
   【受託分析サービス】株式会社 クリアライズ
製品・技術

「非破壊試験をしたい」②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
試験評価 材料・素材 非破壊試験  / 2021年04月19日 /  試験・分析・測定

 

クリアライズでは、複数の非破壊試験を実施しており、試験前後の材料調査・評価も可能です。当サイトへ訪問いただきました皆様へ3回に分けて保有技術をご紹介いたします。

尚、詳しい資料に関しましては、下欄の「資料ダウンロードページへ」から入手いただくことが可能です。ぜひご覧ください。

 

ひずみゲージ切断解放法残留応力測定

 溶接構造物などに生じる残留応力は、構造物自体の拘束力により発生するものです。この周囲からの拘束を切断解放し、その切断前後の弾性変形によるひずみ変化量を測定することで計測ができます。ひずみの変化量は、対象品に電気抵抗ひずみゲージを貼り付けて測定します。

 

 

製品概要 溶接構造物などに生じる残留応力は、構造物自体の拘束力により発生するものです。この周囲からの拘束を切断解放し、その切断前後の弾性変形によるひずみ変化量を測定することで計測ができます。ひずみの変化量は、対象品に電気抵抗ひずみゲージを貼り付けて測定します。
特徴 供試体を切断破壊する必要があるが、比較的短時間で連続した分布のデータ取得が可能です。ひずみゲージは、対象形状や目的に合わせて各種のゲージを使用することが可能です。疲労・応力腐食割れ・変形等の予防や損傷原因究明などで幅広く利用出来る非破壊的手法です。
製品名・型番等
シリーズ名
非破壊試験
  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術
  • コラム
  • 試験一覧
  • 会社概要
  • 設備紹介
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
エコ&エネルギーポータル