製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
貴社での無償デモンストレーションも随時受付中です。
用途別

さまざまな業界向け用途 3Dレーザースキャナー・3次元測定器を使った用途

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
コラム  / 2020年01月22日 /  試験・分析・測定 建設・プラント 先端技術

さまざまな業界向け用途

ポータブル 3次元測定器 および 3D デジタルドキュメント化のためのレーザースキャナーといったFARO の 3 次元測定技術ソリューションは、リバースエンジニアリングや検査から、既設構造物のデジタル化や犯罪現場の分析までさまざまな用途で活用されています。

FARO のポータブル 3次元測定器 は、アライメントの問題解決、CAD ベースの検査、リバースエンジニアリングといった用途にご使用いただけます。正確な測定を迅速に実施し、厳しい要求を満たすことができるよう、ポータブル3次元測定器は費用のかさむスクラップややり直しをなくし、貴重な時間とコストを削減します。

FAROの 3D デジタルドキュメント化のためのレーザースキャナーは、タッチスクリーンに触れるだけで広範囲な環境を迅速にスキャンし、デジタルドキュメント化することができます。さまざまな用途でお使いいただける測定器ですので、測量士、エンジニア、建築家や科学捜査官による導入が想定され、資産および施設管理、遺跡保存、犯罪や事故現場の調査、バーチャルシミュレーション、建設プロジェクトなどにおいて、非常に精度の高い 3D モデルが使用できるようになっています。

用途別一覧イメージ画像

3Dレーザースキャナーを使った用途

3次元測定器を使った用途

現場での3次元測定
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ