製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
製品・技術

【書籍】腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発 (No.1962)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
書籍・雑誌情報  /  医療・バイオ 試験・分析・測定 先端技術

 

腸内細菌叢を標的にした

医薬品と保健機能食品の開発

 

------------------------------------------------------------------------------   

 

 

- 糖尿病、腎臓病、大腸炎、がん、肥満、自己免疫疾患、アトピー性皮膚炎 -

 


◎ 新しい『乳酸菌』、『ビフィズス菌』開発の着眼点が、これからの研究開発のヒントになる!


◎ この分野進展の功労者『次世代シーケンサー』による解析の今後の方向性は?

 

      

 ■ 目  次                                                                                                    

 

第1章 腸内細菌叢を標的としたデータを活かした創薬・治療研究の取り組みと将来性
第2章 疾患を引き起こす、進展させる腸内細菌叢とそのメカニズム
第3章 疾患を改善させる作用を持つ腸内細菌とそのメカニズム
第4章 腸内細菌を指標としたバイオマーカーの開発
第5章 腸内細菌叢解析のポイントと次世代シーケンサーの開発、役割
第6章 製剤化として期待されるDDS技術
第7章 腸内細菌に関わる機能性表示食品の動物試験・試験管試験(vitro試験)の実施
第8章 臨床試験(ランダム化比較試験 (RCT)を含む)の実施と品質管理
第9章 システマティックレビューの方法論と選択された文献の精査法
第10章 腸内細菌を標的とした機能性表示食品の開発事例
第11章 生体機能を高める乳酸菌・ビフィズス菌の研究開発と応用展開
第12章 腸内細菌叢を応用した医療分野における特許出願戦略
第13章 腸内細菌由来医薬品の共同開発やライセンスの動向
第14章 保健機能食品の広告と医薬品医療機器法

 

 

■ 本書のポイント                                                                                         

 

腸内細菌を標的とした各種疾患の治療の可能性は?
 ・腸内細菌叢により疾患が促進されるメカニズムとは?
 ・疾患を改善させる腸内細菌とそのメカニズム!
 ・細菌叢のバランス、維持に対してリスクがある薬剤とは?

腸内細菌を腸まで届ける製剤技術は?
     ・ビフィズス菌を胃酸(酸性)から守る技術!
     ・耐酸性に適したキャリアーとは?
     ・製剤化した時の安定性をどう確保するのか?

培養細胞、動物を用いた機能性表示食品の探索・評価法
     ・動物細胞を用いた機能性食品成分の簡便な探索
     ・腸内細菌制御動物モデルの種類、解析の実際

臨床試験(ランダム化比較試験)の実施と品質管理
       ・アウトカムの考え方
       ・試験参加数の設定、試験結果のデータ解析
       ・被験者の脱落しない管理法

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

詳細目次、執筆者は、「資料ダウンロードページへ」からパンフレットをご覧ください。
ご購入、試読のお申込みは、「このページに関するお問い合わせ」よりご依頼ください。

 

 

製品概要 ●発 刊:2018年9月28日
●体 裁:A4判 478頁
●執筆者:81名
●ISBN:978-4-86104-724-4
特徴 ※無料試読できます。お問い合わせください。

※大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。
製品名・型番等
シリーズ名
腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発(No.1962)
価格 定 価:80,000円(税抜) 【送料込】
納期 お申込みが確認され次第、商品と請求書をお送りいたします。
  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • 会社概要
  • お問い合わせ