製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
製品・技術

【書籍】マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集 (No.1975)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
書籍・雑誌情報  /  化学・樹脂 試験・分析・測定 先端技術

 

マテリアルズ・インフォマティクスによる

材料開発と活用集

 

------------------------------------------------------------------------------   

 


 

- データベースの構築、記述子の設計法、モデル作成 -

 

★ 研究者の経験、ひらめき、偶然に頼らない! 有用かつ効率的な材料開発の成功事例を多数紹介!

 

 

 

 

 

 ■ 目  次                                                                                                    

  

第1章 マテリアルズ・インフォマティクスが研究開発へもたらす可能性と課題
第2章 マテリアルズ・インフォマティクスに使用されるデータベースの特徴・処理技術
第3章 マテリアルズ・インフォマティクスを 支えるデータ処理技術
第4章 マテリアルズ・インフォマティクスによる無機材料の新材料開発
第5章 高分子・ゴム材料、 その他有機材料への取り組み事例
第6章 触媒開発への応用事例
第7章 リチウム二次電池・太陽電池への応用展開
第8章 合成ルート・プロセス設計のためのデータ駆動型化学
第9章 計測インフォマティクスのデータベース構築と活用術
第10章 バイオインフォマティクスと毒性評価

 

■本書の読みどころ                                                                                       

 

●マテリアルズ・インフォマティクスとは何か?何ができるのか?

・日本、世界における取り組み状況 ・現在の課題、将来性

・各企業のMI活用事例の一覧 ・技術、人材、ツール、データ、、何が必要か

・社内の蓄積データを本当に活用できるのか ・データサイエンティストの確保、育成は

・どのような材料/分野で使われているか、これから期待されているのか

 

●材料データベースの収集、整理 ・効率的で使いやすいデータベースの紹介

・スクリーニングの高速、高精度化

・ベイズ推定と逆問題

・モデル化に使用する統計手法

・記述子の選び方、設定法

・無機と有機材料の記述子の違い

・少ない・まばらなデータをどう扱うか

・質の良い/悪いデータの考え方

 

●各分野での活用事例

・データ量、プロセス条件など高分子MI実現の課題

・金属、無機材料による未知材料の探索

・触媒インフォマティクスによる収率の予測

・第一原理計算を用いた電池、熱電材料への応用 

・高度化、新手法が求められる計測インフォマティクス

・ケモメトリックス・人工知能による化合物毒性評価

・添加物探索,組成の最適化

・組成情報からの材料物性の予測

--------------------------------------------------------------------------------

 

詳細目次、執筆者は、「資料ダウンロードページへ」からパンフレットをご覧ください。
ご購入、試読のお申込みは、「このページに関するお問い合わせ」よりご依頼ください。

 

 

製品概要 ●発 刊:2019年1月31日
●体 裁:A4判 463頁
●執筆者:60名
●ISBN:978-4-86104-732-9
特徴 ※無料試読できます。お問い合わせください。

※大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。
製品名・型番等
シリーズ名
マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集(No.1975)
価格 定 価:80,000円(税抜) 【送料込】
納期 お申込みが確認され次第、商品と請求書をお送りいたします。
  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • 会社概要
  • お問い合わせ