製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 9/3】高分子材料における熱分析~原理/測定/データ解釈のポイント~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
セミナー情報  / 2020年07月07日 /  自動車 化学・樹脂 試験・分析・測定
イベント名 【Live配信セミナー】高分子材料における熱分析~原理/測定/データ解釈のポイント~
開催期間 2020年09月03日(木)
10:30~16:30
会場名 [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
会場の住所 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
地図 https://www.gijutu.co.jp/mailmap/company_map.htm
お申し込み期限日 2020年09月02日(水)15時
お申し込み

<セミナー No009201>

【Live配信セミナー】
高分子材料における熱分析
~原理/測定/データ解釈のポイント~

 

★ 求める熱分析データに応じた,分析機器の選び方

★ 切削,濃縮,破断面など試料の前処理と温度管理のポイント

 

 

■ 講 師: (株)リガク 熱分析機器事業部 主幹研究員 博士(工学) 有井 忠 氏

 

■ 開催要領
日 時 : 2020年9月3日(木) 10:30~16:30

会 場 :ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません

聴講料 : 1名につき50,000円(消費税抜,資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円〕

〔大学,公的機関,医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせ下さい〕

 

 

■ Live配信セミナーの受講について

・ 本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・ 下記リンクから視聴環境を確認の上,お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・ 開催日が近くなりましたら,視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。

 セミナー開催日時に,視聴サイトにログインしていただき,ご視聴ください。

・ Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。

・ パソコンの他にタブレット,スマートフォンでも視聴できます。

・ セミナー配布資料は印刷物を郵送いたします。

・ 当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり,録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。

 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・ Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため,パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

 

 

プログラム                                                                                                      

 

【講座の趣旨】

  熱分析データは一見単純そうに見える場合でも,測定や解析の 仕方によって様々な情報をもたらします。また,複雑なデー タを正しく解釈するには,各種熱分析の特徴と測定法の基礎 を正しく理解しておくことが必要です。本講座では,初心者 のための熱分析の基礎と応用を中心に,汎用3 機種(示差熱分析 DTA,示差走査熱量測定DSC,熱重量 分析TG,熱機械分析TMA)について具体的な応用例を交えて詳しく解説します。


【セミナープログラム】

1.どうやって熱分析の測定を行うか?
  1.1 熱分析の基礎(種類,定義,原理など)
  1.2 DSCの条件(測定条件の設定,測定条件の影響など)
  1.3 TG-DTAの測定(測定条件の設定,測定条件の影響など)
  1.4 TMAの測定(測定条件の設定,測定条件の影響など)

2.必要な情報をどのように得るか?
   ~データ解釈の基礎と知っておくべきポイント~
  2.1 DSCの解析(解析の基本,解析例など)
  2.2 TG-DTAの解析(解析の基本,解析例など)
  2.3 TMAの解析(解析の基本,解析例など)


3.熱分析装置の保守管理

  (装置の校正とトラブルシューティングなど)


4.変化の内容と,より多くの情報を得るために

  4.1 複合型熱分析装置
  4.2 試料観察型熱分析装置


5.高分子材料の熱分析ケーススタディ

 

【質疑応答】

 
 

セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • 会社概要
  • お問い合わせ