製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 9/10】レーザ樹脂溶着のメカニズム、応用技術とトラブル対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
化学・エレクトロニクス:セミナー  / 2020年07月10日 /  自動車 化学・樹脂 電子・半導体
イベント名 レーザ樹脂溶着のメカニズム、応用技術とトラブル対策
開催期間 2020年09月10日(木)
10:00~17:00
会場名 ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2020年09月09日(水)15時
お申し込み

<セミナー No.009402>

 

【Live配信セミナー】

レーザ樹脂溶着の

メカニズム、応用技術とトラブル対策

 

★原理、加工条件、装置、材料選定から異材接合技術まで網羅的に学べます

-----------------------------------------------------------------------------------------------

■講師

1.(株)タマリ工業 レーザ技術部 理事 三瓶 和久 氏

2.オリヱント化学工業(株) 開発部門 開発部 KPチーム チームリーダー 山下 達人 氏

3.浜松ホトニクス(株) レーザ事業推進部 開発部 開発グループ 主任部員 松本 聡 氏

 

■聴講料

1名につき60,000円(消費税抜き・資料付き) 

1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税抜)

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。

 

■Live配信セミナーの受講について

・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

 

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。

 → https://zoom.us/test

 

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

 

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。

 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

 

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

 

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。

 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

 

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

 

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

 

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

 

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

プログラムああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

<10:00~12:00>

1.レーザ樹脂溶着の原理、メカニズムと適用事例

 

(株)タマリ工業 三瓶 和久 氏

【元 トヨタ自動車(株) 生技開発部 レーザ加工プロセス&システム開発】

 

【講座概要】

トヨタ自動車がインテークマニホールドの接合にレーザ樹脂溶着技術を初めて適用したのが2003年のことになります。その後、様々な部品にレーザ溶着の適用が広がっています。本講義では、レーザ樹脂溶着のメカニズムから、加工パラメータ、使用するレーザ装置、適用例まで、レーザ樹脂溶着技術の基礎から応用までを解説します。さらに、樹脂と金属の異材接合技術の最近の開発状況を紹介します。

 

1.レーザ樹脂溶着技術

 1.1 レーザ樹脂溶着のメカニズム

 1.2 レーザ樹脂溶着技術 ~加工パラメータ

 

2.レーザ樹脂溶着に使用する装置

 2.1 レーザ発振器とその進化

 2.2 半導体レーザの特徴と加工プロセス

 2.3 ファイバーレーザの特徴と加工プロセス

 2.4 レーザ樹脂溶着システム

 2.5 光整形技術と周辺機器

 

3.レーザ樹脂溶着技術の適用例

 3.1 国内でのレーザ樹脂溶着技術の適用例

 3.2 海外でのレーザ樹脂溶着技術の適用例

 

4.異材接合技術 ~樹脂と金属のレーザ溶着

 4.1 各種異材接合技術

 4.2 樹脂と金属のレーザ溶着技術

 4.3 CFRPと金属のレーザ溶着技術 ~高出力レーザでのDOEの活用

 

5.レーザ加工の設備導入時のポイント

 

-------------------------------------------------------------------

<12:45~14:45>

2.レーザー樹脂溶着工法とその材料について

 

オリヱント化学工業(株) 山下 達人 氏

 

【講座概要】

オリジナル工法を含めたレーザー樹脂溶着工法とそれに使われる材料をご紹介いたします。また、レーザー樹脂溶着を行うために樹脂材料に求められる特性についてもご紹介いたします。

 

1.レーザー樹脂溶着の基礎

 1.1 レーザー透過溶着法

 1.2 樹脂材料の光学特性

 1.3 重要な光学特性因子

 

2.レーザー光透過色素

 2.1 レーザー光透過色素の光学特性

 2.2 熱滞留時の透過率の安定性

 2.3 eBIND LTWシリーズの特徴と採用事例

 

3.吸光度制御法(ACW法)

 3.1 吸光度制御法の原理と特徴

 3.2 材料の光学特性

 3.3 吸光度制御法の実用化

 

4.Hybrid-LTW工法

 4.1 レーザー透過溶着法と吸光度制御法の弱点

 4.2 Hybrid-LTW工法の原理と特徴

 4.3 Hybrid-LTW工法の優位性

 

-------------------------------------------------------------------

<15:00~17:00>

3.レーザ樹脂溶着におけるインプロセスモニタリングと溶着不良の検出と改善のノウハウ

 

浜松ホトニクス(株) 松本 聡 氏

 

【講座概要】

近年、レーザ樹脂溶着が注目されてきている。しかしながら、実用化に関しては限定的な側面があり、理由の一つが“加工現象がよくわからない。教科書がない”などの知識面でのインフラの整備不足が挙げられる。今回の講演では、レーザ樹脂溶着時の加工点温度計測からわかることを加工現象から不良発見まで出来るだけ平易な表現を用いつつ改善へのノウハウを交えて、詳しくお話しする予定である。

 

1.レーザ熱加工と温度計測

 

2.レーザ樹脂溶着時の加工点温度モニタリング

 2.1 光による温度計測

 2.2 計測例

 2.3 加工点温度モニタリングからわかること

 

3.レーザ樹脂溶着時の不良検出

 3.1 隙間が存在する場合

 3.2 隙間が存在しない場合

 

4.加工点温度の利用

 4.1 予測制御

 4.2 トラブルシューティング

 

セミナーの詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • 会社概要
  • お問い合わせ