製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 10/13】ロボットによる自動化ライン構築のポイントと効果の最大化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
セミナー情報  / 2020年08月05日 /  産業機械機器 ロボット 建設・プラント
イベント名 ロボットによる自動化ライン構築のポイントと効果の最大化
開催期間 2020年10月13日(火)
10時~17時
会場名 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2020年10月12日(月)15時
お申し込み

<セミナー No.010501>


【Live配信セミナー】
ロボットによる

自動化ライン構築のポイントと効果の最大化

★ロボットの種類、選定のポイントと適正台数の見極め方!
 自動化構築プロセス、自動化可否判断、投資効果の検証方法!

 

----------------------------------------------------------------------------------


■講師:
TSF自動化研究所 代表、東海大学 工学部 非常勤教員(元教授) 村山 省己氏

 

■聴講料:

1名につき50,000円(消費税抜き、資料付) 
1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくは上部の「アカデミック価格」をご覧下さい。

 

■Live配信セミナーの受講について:
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー配布資料は印刷物を郵送いたします。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
  複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

 


プログラム                                                                                   

【講演趣旨】
コロナ禍で深刻化する製造業の人手不足の対応策としてロボットを活用した自動化の需要が高まっています。 新型コロナウイルスが発生した中国湖北省武漢市の周辺には多くの自動車部品工場があります。その部品の供給が途絶えたことで多くの自動車メーカーの生産に影響が出ました。生産拠点や調達先の国内回帰や、中国以外の国への分散など、サプライチェーンの見直しが検討されています。経済産業省も多額の予算を確保し、こうした動きを後押ししています。調達先を国内に戻し生産性を高めるためにはロボットによる自動化は必須です。 一方で、製造現場では、もっと多くのロボットが導入されロボットが活躍できるチャンスが多くあるにも関わらず安全性や操作性、費用対効果等々で導入に至っていないのが現状です。ロボットは導入すれば問題が解決する万能選手ではありませんが、作業に見合った適材適所に導入することで、その効果を最大限に引き出すことは可能です。しかしながら人の作業の代替にそのままロボットを導入しても上手く行きません。ロボットの導入の第一歩は、導入するにあたってロボットの正しい知識を学び、良く理解した上でロボットの作業を決めて導入することです。そのためには、まず、現状の作業のムダが無いかをよく分析し事前にスリム化を行っておくことが重要です。すなわち、作業、設備、レイアウトなどに存在しているムダを徹底的に改善し、作業を簡素化・単純化しロボットに代替することです。また一方で、生産の自動化を進めるために必要な自動化のレベルをよく理解し、段階的に自動化のレベルを向上させていく方針を立て、これを推進していくマネージメント力も必要です。 本講座では、ロボットを活用した自動化の手法や考え方、自動化設備の設計ノウハウを習得します。 また、ロボットを導入する前にやっておくべき改善について具体例をもとに習得します。 さらに、自動化の構築のプロセスや自動化可否判断、自動化後の投資効果の検証方法についても学習します。 ロボットを導入しどうやって工場の生産性を上げれば良いのか方法を知りたい、生産ラインの自動化をどのように検討すれば良いのか?また、IoTをどうやって活用すればよいのか?などの数々の疑問を解決いたします。工場の生産性向上の対応をされている製造や生産技術者の方々、自動化ラインを検討しておられる設備設計者の方々、生産性の良い製品開発を検討されている開発設計の方々まで幅広く、多くの方の参加をお勧めします。

【講演項目】
1.ロボットの活用状況
  1.1 ロボットの活用の実態(生産台数と使用台数について)
  1.2 どんなところでロボットを活用するか、ロボット導入のポイント
  1.3 ロボットを導入する課題と対策
    (協働ロボット・ピッキングロボット・AHC)

2.ロボットの導入前にやっておくべきポイント
  2.1 作業をスリム化する工場の改善ポイント
  2.2 設備をスリム化する工場の改善ポイント
    (段取り改善・設備改善)
  2.3 乱流から整流化へ工場の改善ポイント
    (レイアウト改善と費用処理)

3.自動化設備の設計ノウハウ
  3.1 自動化に不可欠な自己完結型設備とは
  3.2 不良品を作らない流さない設備作りとは
  3.3 止まらず故障しない設備にするためには
    (稼働率と可動率の違い/可動率の改善方法)

4.ロボットによる自動化の秘訣
  4.1 ロボットの種類と選定のポイント
  4.2 ロボットの役割と自動化のポイント
  4.3 ロボットの導入台数削減のポイント
    (ロボット動作から適正台数を見極める)

5.生産ライン自動化の定義
  5.1 工場の自動化には基準が必要
    (生産ラインの自動化レベル)
  5.2 加工ラインの自動化レベル
    (加工工程のレベル0~レベル5)
  5.3 組立ラインの自動化レベル
    (組立工程のレベル0~レベル5)

6.自動化設備の設計事例
  6.1 加工工程の自動化ノウハウ
    (セットアップエンジニアリングで他社を圧倒)
  6.2 組立工程の自動化ノウハウ
    (モニタリングシステムで遠隔監視)
  6.3 試験工程の自動化ノウハウ
    (コンカレントエンジニアリングが成功の道)

7.IoTを活用した自動化の基本
  7.1 グローバルスタンダード設備のあるべき姿
  7.2 IoTを活用した先進的モノづくりは絶対的優位
  7.3 工程設計は品質を作り込む重要な要

8.自動化を設計事例から学ぶ
  8.1 自動化に必要な工程品質保証の仕掛け
    (DFMEA/FTAからQFDへ機能展開)
  8.2 自動化のポイントはできるかできないかの見極め
  8.3 自動化の成否は投資の適正化と評価

【質疑応答】

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • 会社概要
  • お問い合わせ