製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 6/21】実験・測定に必要な統計の基礎とデータ解析のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
セミナー情報  / 2021年05月04日 /  食品・機械 化学・樹脂 試験・分析・測定
イベント名 実験・測定に必要な統計の基礎とデータ解析のポイント
開催期間 2021年06月21日(月)
10:30~16:30
会場名 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2021年06月20日(日)15時
お申し込み

<セミナー No.106504>

【Live配信セミナー】
実験・測定に必要な統計の基礎と

     データ解析のポイント

 

★統計学が苦手な研究者、技術者のために!
 Excelでできる実験計画のツボをやさしく解説します!

 

----------------------------------------------------------------------------------


■講師:
千葉大学 園芸学部 食料資源経済学科 教授 栗原 伸一氏

 

■聴講料:    

1名につき55,000円(消費税込、資料付) 
1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくはお問合せください。


■Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。
・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test
・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。
・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。
・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。
・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。
・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム                                                                                   

【講演趣旨】 
IoT技術やグローバル化の進展で開発競争が激化する一方、コストカットの嵐も吹き荒れる現代で、 技術者や研究職に求められているのは「実験を正しく配置し、期待通りの結果を誤りなく確認できる」能力です。 しかし、日本では統計学の教育がおろそかにされてきたため、現場の多くの方は苦手意識を持っています。 今 回のセミナーでは、そうした「実験を成功させなければならないが、統計学については全くの素人」という方々を対 象に、Excelやフリーソフトで具体的な事例を扱うことで、実験計画のツボをわかりやすく解説します。実験計画法 は、近年、産業界で再評価されている品質工学 (品質管理) の入り口でもあることから、多くの方にとって欠かせ ないセミナーといえるでしょう。 なお、今回受講される方には、講師である栗原先生の著書『統計学図鑑』 (オー ム社) を進呈いたします。

【講演項目】
1.分散分析
  1.1 分散分析の概要と不偏分散
    1.1.1 いろいろな分散分析
    1.1.2 分散分析の用語
  1.2 対応のない一元配置分散分析
    1.2.1 対応関係とは?
    1.2.2 対応のない一元配置分散分析
    1.2.3 分散分析の原理
    1.2.4 変動の計算 (総変動,群間変動,群内変動)
    1.2.5 分散分析におけるF検定 (検定の基礎から)
    1.2.6 ソフトウェア実演
  1.3 対応のある一元配置分散分析
    1.3.1 対応のある一元配置分散分析の原理
    1.3.2 標本間 (被験者間) 変動
    1.3.3 対応のある一元配置分散分析の検定
    1.3.4 ソフトウェア実演
  1.4 対応のない二元配置分散分析
    1.4.1 交互作用とは?
    1.4.2 二元配置分散分析の原理
    1.4.3 ソフトウェア実演

2.多重比較と実験計画
  2.1 多重比較法 (分散分析の後の検定)
    2.1.1 多重比較法とは?
    2.1.2 t検定を繰り返してはいけない理由
    2.1.3 3つの多重性調整法
    2.1.4 Bonferroni法の解説
    2.1.5 ソフトウェア実演
    2.1.6 いろいろな「多重性の発生場面」
  2.2 フィッシャーの三大原則
    2.2.1 実験での成功とは?
    2.2.2 原則1:繰り返し
    2.2.3 原則2:無作為化
    2.2.4 原則3:局所管理
    2.2.5 完全無作為法か?乱塊法か?

3.直交計画と検出力分析
  3.1 直交計画法
    3.1.1 実験を間引いて効率化!
    3.1.2 直交配列表の仕組み
    3.1.3 L8表を使った直交計画の手順
    3.1.4 ソフトウェア実演
    3.1.5 直交計画の注意点
    3.1.6 品質工学とは?
    3.1.7 パラメータ設計のソフトウェア実演
  3.2 標本サイズの決め方 (検出力分析)
    3.2.1 検定のための理想的な標本サイズとは?
    3.2.2 標本サイズを左右する4要素
    3.2.3 検出力 (第一種の過誤と第二種の過誤)
    3.2.4 効果量と分散分析における目安
    3.2.5 標本サイズの決定手順
    3.2.6 ソフトウェア実演 (G*power)

【質疑応答】

セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ